スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼寺、行きました。

ついに、念願の円照寺に行ってきました。

円照寺は「月修寺」のモデルで尼寺。
私が今回参加したバスツアーは、他にも
興福院(こんぶいん。これも尼寺)と、
正暦寺(しょうりゃくじ。これは尼寺でない)を訪れました。

バスは満席。
非公開、または要予約の寺のツアーなので、人気があるそう。
私の隣の男性(70才位)は、やはり一人での参加でしたが、
「尼寺に行きたかった。尼さんのスカートをめくりに」
と、参加動機を告白。
やはり男って、いくつ年を取っても救いようがないよね。脱力。

円照寺を見る前、バスガイドさんから厳しい注意がありました。
「すべて、お寺の人が言うことに従うこと。歩くのは、敷いてある飛び石の上だけ。
何かあったら、もう来年のツアーはありません。」
つまり、このお寺はこのツアー客だけに、しかも年に4~5回だけ、
特別に公開してもらっているので、機嫌を損ねたらもう次はないのだそうです。
さすが、代々皇族から門跡が出ていただけのことはあり、
思いっきり、高飛車なわけです。

画像 021 バス停。ここから山門までの参道は長い。
二十歳の清顕は血を吐きながら、
さらに六十年後、老醜の本多はよろめきながら、この参道を歩いた。
「山門までの昇りの参道は遠く、…どうしても六十年前の清顕の辛苦を、
我が身に味ははねばならぬと思つてゐたのである。」が、本文。



画像 040山門の門柱。
六十年の歳月を過ごしてようやくここにたどり着いた本多は、
自分がここにいるのが信じられない気持になる。
「左の門柱には、月修寺門跡と誌した小体な女らしい表札があり」が本文。




画像 022
山門を潜って、いよいよ本堂に入るところ。歩くところは「飛び石の上だけ」なので、
ツアー客は皆、一列になって行進。



本堂とご本尊の如意輪観音は撮影できなかったので、省略。

そして、ここが…

画像 030
あの、ラストシーンの「広大な南の御庭」右側。
「芝のはづれに楓を主とした庭木があり、裏山へみちびく枝折戸も見える」が本文。



画像 028 これが、上の庭の左側。
「左方の一角に古い車井戸が見え」とある本文のままの風景。




三島は、円照寺に通って取材し、『豊饒の海』を執筆したと、
説明係の寺男は言ってました。

でも結局、本物のご門跡には会うことができず、尼寺なのに尼僧は一人も登場しませんでした。
残念!!
やはり、「聡子」に会うことは難しいことだったのですねぇ、実際。

件の「スカートめくり」目的のおじさんは、
「今日、円照寺を説明した寺男は、さすがにプロだった。
アマが居なかっただけに…」と、言っていました。
オヤジギャグに、また脱力。


今日は疲れたので、また。


今日から、奈良。

画像 003 湯上がりの由紀夫。服を着ていないと、ちょっと不自然…。


今晩から二泊の予定で、奈良です。
目的は、三島由紀夫『豊饒の海』の舞台である円照寺を見に行くこと。
そう、聡子が出家して籠もった「月修寺」のモデルです。
衝撃のラストシーンもここ。

ただし、このお寺は非公開で、
通常は中は見ることができません。
ところが、毎年この時期に行われる奈良交通の
定期観光バスに乗った人だけ、
お寺の中に入れるということなんですねぇ。

それは、「季節のコース」の中の、
「2月・3月静寂の尼僧寺院と正暦寺」という一日コース。
今年は、2月10/17/24日
    3月3/11日
の五日間だけ実施されるんです。
2年前から待ち望んでいた、この観光バスツアー。
なんたって、あの衝撃のラストシーンに登場する、
「何もない」庭が見られるのではないかと思うと、ウキウキです。


『三島由紀夫の日蝕』石原慎太郎著

CIMG3130.jpg
パンダ由紀夫、別バージョン



年末、三島由紀夫の勉強を再開。
三月初旬には、『豊饒の海』第二巻の『奔馬』構成表を完成させる計画です。
実は、私の元担当教官であるY先生に、
第二巻論文執筆のご指導をお願いしています。そして
そのために、読んでみたのが、

『三島由紀夫の日蝕』 石原慎太郎著 1991年 新潮社

です。

感想は、一言で言うと、
「やっぱり男って、バカだよなぁ」
に尽きます。 つまり、

「結局三島って、男の見栄で死んだんじゃな~い?」

という私の仮説を裏付ける内容でしたね。

三島より七つ年下の石原慎太郎。
この本は、公私ともに親しかった石原が、
三島の死から二十年後に語るエピソードや、
三島切腹の解釈を語る内容です。

石原は、なぜ三島が、

「天皇の絶対化を唱え、天皇が象徴する文化の防衛を唱えて
そのためのクーデタ(?)を計った」

のか、今考えても意味不明だそう。ただ、

「国家への愛着とか危機感、使命感といったいかなる公的な衝動よりも、
何よりも横溢していたのは
自己への執着だったに違いない」

と結論づけています。
武士道とか、日本の伝統とか色々かっこいいこと言っていたけど、
結局、自分の言動のデモンストレーションを正当化するためっていうか、
平たく言えば「つじつま合わせ」のために、
死ぬしかなくなったということでしょう。

例えば。
三島は自作『太陽と鉄』のことを、
「自分を理解したければ、これに全て書かれている」旨を
言ったそうです。それに関して石原は、

「『太陽と鉄』は真摯な自己告白のように見えても実は
氏(三島)自身への粉飾でしかなく、本質的に嘘であり、間違いであり、
(中略)…氏はあの手のこんだ自殺のためにこれを書いたのではなく、
こんなことを書かなくてはならなかったが故に自殺した
のである」

と断言していますから。

そして、「盾の会」あたりからの三島の奇妙な暴走を、
誰かが止めてやれなかったのか…
という後悔の念が語られています。
ノーベル賞にも届こうという一流作家が指揮する兵隊ごっこを、
これは、「シャレ」なのか、どう反応すればいいのか、
周囲もさぞかし困ったでしょうねぇ。

ということで、ちょっと本日は難しいことを書きました。
でもポイントは、ホントに単純なことなのよね。

プライドのために死ぬ。

これが、男が繰り返してきた歴史の核心です。







私の論文が読まれたようです!

つん


今日、職場に突然、知らない学生から?が。

彼女は首都圏某大学の四年生で、三島の『豊饒の海』で卒論を書くのだそうです。
しかも、テーマは綾倉聡子。
論文探しをしているうちに私の論文(弘前大学国語国文学第29号)

  綾倉聡子と『天人五衰』結末解釈
   -三島由紀夫『豊饒の海』研究(三)ー

に遭遇し、「感銘を受けた」って言うじゃありませんか!!
しかも彼女は、たまたま青森出身。
「11月初旬に青森に帰るので、お会いできませんか?」
と言うのです。
そりゃ、OKですよ。私の論文に感銘を受けたって言われたらねぇ。

でも、次に気になる一言が。

「大野さんが持っている、先行研究の論文を、是非見せて欲しいのですが」

これって、もしかして、論文目当てなの?
確かに、先行研究を集めるのは、本当に大変なんですよ。
時間も手間もかかりますから。
でも、それでもいいですよね。
私も彼女の話が参考になると思うし、情報交換は大切です。
情報交換で、学問は発展するのですから。

私も、次の論文を書かなければ! という気持になりました。
がんばります!

私の秋は、いわき荘から始まるわけ。

稲刈り1


いわき荘の近くの風景。家族で稲刈り。

稲刈り2


今年も9月末はいわき荘で過ごすことができました。
ここ3~4年は、このパターン。
海外旅行に行かなくなったので、それに比べたら安い。
独り者の気楽な生活ですわ~。
いいんだか、寂しいんだかね、トホホホ・・・。

とはいえ、ここに来ると勉強できるんですよ。
論文を真剣に書くときは、いつもここで
「自らホテル缶詰」してました。
家にいると、どうしても気が散るんですよね。
いつも、何かしら(大変に無駄なことをして)動いているし、
由紀夫もいるし。
何もすることがない場所に行くと、
自分を追い込むことができるので、
勉強がはかどるわけです。

朝食1

朝食。この他にも色々バイキングが付き、1050円。

朝食2



今回は、『豊饒の海』の第2巻である『奔馬』を読み返しました。

三島由紀夫、異常だわ~。
どう考えてもヒドイ男と言えます。
修辞法的には、完璧に天才で、
「言葉の宝石箱」のように、
絢爛豪華な比喩や表現が並んでいますが、
この話はなんなわけ? 
頭、おかしいよね。

ということで、
山懐に抱かれた、木の香漂う温泉宿で、
異常な男の世界に激しい憤りを感じた
秋の日々でした。

激怒したい気分の方に、お薦めの一冊です。

そして、この『奔馬』の論文の
完成を目指します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。