スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判所見学。

P1000631.jpg
 ここが、裁判員も参加する法廷。


先日、青森地方裁判所を見学。
ここが、県内唯一の、裁判員が参加する形式の法廷だそう。
確かに正面の椅子は、九席(裁判官3名+裁判員6名)。

見学者は、法廷の椅子に自由に座らせてもらえるし、
法衣も着せてもらえるわけ。
もちろん、写真OK。
へぇ~、裁判所って開放的なのね~
と思っていたら、昨日のニュースで、
最高裁判所を同様に見学していた小学生がテレビに写ってたわ。
小学生が、黒い法衣を着て、
最高裁判官席でピースしてました。

とはいえ、あまり、裁判所には世話になりたくないものです。
はい。

忙殺されてました。

P1000619.jpg


締切りが重なり、由紀夫の世話も出来ず、
由紀夫は連日、ようちえんにお泊まり状態でした。
ごめんね、由紀夫。

でも、こういうとき、犬のようちえんは助かる~。

これから、もう一がんばりです。

暑くて、仕事がはかどらないので、
家のエアコンを起動させてます。
もう17年物だと思うけど(中古物件に付いていた家電なので詳細不明)
普通に動くわけ。
こちらも、とりあえず、あるだけで助かる~。

ネブタも近い。

P1000602.jpg
これも、ようちえんの先生から頂いた写真。


もうすぐ、ねぶた祭。
早いよね。

今日、私の英語の先生(カナダ人)に
「ねぶたに50人くらいの外国人が団体で参加したいが、
受け入れてくれるネブタがあるだろうか?」
と、聞かれました。

というのも、去年迄は青森県に雇われている
外国語の先生達を、県庁ネブタに参加させる企画が実施されていたんだって。
ところが今年、それが無くなった。
しかも、去年までは県庁内で衣装に着替える場所を提供されていたのに、
「今年からは、警備・安全確保の関係で場所を提供できない」
と県側に言われたそうなんです・・・。
でも、英語の先生が言うには、
「今まで、トラブルがあったことはないはずだ」。

これって、どういうことなのかしらね~。
着替えの場所を提供するくらいは出来ないのかしら、
と思ったわけです。

因みに今年、英語の先生達は、衣装・着替えは各自で済ませるので
外国人団体を受け入れてくれるねぶたの有無だけを知りたいとのことでした。

で、私の知合いに聞いてみたら、

「正装での参加なら、どのねぶたも歓迎するはず」とのこと。

ポイントは、「正装」。
それはわかりますが、前述の県庁対応には、
釈然としないモノが残ります。

全裸で死にたくない。

P1000599.jpg
また、階段の上で身動きが出来なくなった由紀夫。階段昇降ができないわけ。

今日、あまりの暑さにのぼせたらしく、頭痛が。
職場で暫く、頭の上に保冷剤を乗せて冷やしたわけ。

帰宅して風呂に入ったら、足元が

ズルッ!

もう少しで転倒、後頭部を強打するところでした。

ああ。私は一人暮らしだから、
もう少しで、全裸で死ぬところだったわぁ。
由紀夫が吠えて、隣人を呼んでくれればいいけど。
それにしても、全裸はねぇ・・・。

どーですか、これ。

毎朝、会う人。

P1000425.jpg



皆さんには、毎朝、通勤途中で会う人っていませんか?
私には居ます。約二人。
一人は男性で、一人は女性。

最初は男性だけが目に付いてました。
私は車通勤ですが、
ある角を曲がると、必ず色白で眼鏡の男性(30~40代と思われる)が、
ショルダーバックの重さに右肩を沈めながら、
えっちらおっちらと歩いてくるんですよ。
たまに、走っていることもあります。
その時は、眼鏡の奥の目をキッと吊り上げて、
ショルダーバックを片手で押さえ、
必死で走っています。
いったい、どこで働いているんだろう。
色白で華奢な体格だから、工事現場の人じゃないよな~。
医療事務? 
などと、いつも考えていました。

で、あるとき、気がついたんです。
その男性の約100m前を、いつも歩いている
女性が居ることに・・・。
女性は20~30代と思われます。
こちらも色白で眼鏡。
人相も何となく似ています。
でも、常に別行動だから、多分兄妹ではないと思われます。

この順序は入れ替わることがありません。
必ず女性、そしてその約100m後ろに、例の男性。
その男性がその女性の存在に気づいているかは不明。

ま、そんなことはどうでもいいのですが。

で、最近その男性を、仕事帰りにも数回目撃したのです。
しかも、決まった時間に。
だから、
規則正しい生活をしているんだなぁ、
羨ましいなぁなどと思っていると、
ある日、その男性が仕事帰りに、ローソンへ入っていくのを
見たんですよね。

そのとき私は、無性に車を降り、
自分もローソンに入りたい衝動にかられました。
いや、べつに何の好意を抱いているわけではありません。
ただ、私の空想が当たっているのか確かめたいなぁ
という気持ちですね。

別にストーカーじゃないですけど、
そんな気持ちになること、ありますよね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。