スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スガシカオライブへ。

1117 007 何が不満なのか、由紀夫。


昨日は、Zepp大阪で、スガシカオのライブ見てきました。
今年最後のライブだそう。

今回は、ロンドン公演凱旋ライブという位置づけで、
歌詞の英訳が一部、オペラのように字幕で流れる仕掛けが。
シカオの詩は日本の民俗・流行・感性が色濃く出ているので、
イギリス人にどこまで分かるかってかんじですが、
演奏や曲自体のファンキーさは通用するんでないの?
と思うんですけど、どうなのかしらね~。

それにしても、昨日は憂国忌。
つまり、三島由紀夫の命日。

スガシカオと三島と私って、妙に特別な日が合致するのよね。
前にも書いたことあるけど。

2月26日は、シカオのデビューした日で、かつ
二年前に武道館で、シカオの10周年記念ライブを見た日。
そして私が、今の家を買った日であり、
7年後の2月26日、離婚を決意し、
この家を一旦出た日でもある。
勿論、三島由紀夫にとって、2.26事件は
彼の運命を決定づけた事件でしたしね・・・。

ま、だからどうだというわけではないですけど。


三遊亭神楽さんは。

派手な顔
金魚に似ている由紀夫。



先日、青森朝日放送の

「情熱あおもり人 落語とまつりと津軽弁
 ~三遊亭神楽 この道を行く~」
 平成22年10月16日放送

を見ました。
彼は青森市出身の落語家。
神楽さんの弟を知っているので、
その縁から高座を拝見したことがあるという程度だったのですが、
がんばってるんですね~。
是非、応援したいという気になりました。
三遊亭円楽一門には、ホームグラウンドと言うべき
定期的に出演できる寄席がないので、
大小あらゆる会場での寄席を、自ら企画する。
しかも企画だけでなく、
舞台設営、情報宣伝活動(ビラ作り、ビラまき、ポスター作り)など、
全て自分でやってるのだそう。
こりゃ、大変だわ。

神楽さんが現在挑戦しているのは、
古典落語in津軽弁。
毎年演目を変え、津軽弁に翻訳した古典落語を
披露しているそうです。
津軽弁落語を番組で一部見ましたが、面白そう。

次回の青森公演には、是非行きたいですね。


『スリー・ベルズ』見ました。

P1000666.jpg 「オレ、キマッテル?」



『スリー・ベルズ ~聖夜に起こった3つの不思議な事件~』
後藤ひろひと作
パルコ劇場 8月11日
7500円

見ました。
後藤ひろひとは、以前、映画『パコと魔法の絵本』の舞台版である
『ガマ王子VSザリガニ魔人』を見ていたので、
まあ、無難なところかなと。
というのも、この日は『黙阿彌オペラ』(井上ひさし)の当日券に
並んだのですが、20倍の倍率にあえなく撃沈。
他に当日券で見られる芝居を探したら、これが。

前向きでほんわか、夢溢れるファンタジー。
笑って泣かせる、『パコ…』と同系列のお話で、
親子揃っての鑑賞に堪える芝居という点、価値がありますよね。
そうでない芝居があまりに多いので。

個人的に懐かしかったのは、団時朗と岡田浩暉。
団は男性モデルの走りで、資生堂化粧品のCMの常連でした。
岡田は豊川様がブレイクした『愛しているといってくれ』(1995年)
に出てました。
恋敵役でしたよね。

因みに、客席から一人、舞台に上げられて
「上演前の諸注意」を読まされるんだけど、
なんと、私にその役が!
初めてパルコ劇場の舞台に上がりました。
はい。

『父と暮らせば』見ました。

P1000642.jpg
 伸びる由紀夫、別バージョン。


井上ひさし追悼 こまつ座公演
『父と暮らせば』
井上ひさし・作 鵜山仁・演出
出演 辻萬長・栗田桃子
8月10日19:00~ あうるすぽっと 
4200円


見てきました。
これ、宮沢りえと原田芳雄で映画化されたよね。
映画はまだ見ていなかったけど・・・。

原爆で生き残ってしまった娘・美津江は、
死んでいった人々に申し訳なくて、
自分が幸せになることを拒んで生きている。
そこに、原爆で死んだ父の霊が登場。
美津江の恋を応援し、皆の分も幸せになれ!
と、必死で元気づけるというお話。

いつもの井上芝居とは違い、歌も踊りもない二人芝居。
とはいえ、暗い話を明るく分かりやすく、かつリズミカルに運んでいく
井上芝居は相変わらずでした。
この芝居、オバマさんにも見て欲しいですね。

1994年に初舞台。
モスクワ・香港でも上演され、今回の公演で通算386ステージ
となるそうです。

勿論、100点。

『黙阿彌オペラ』見たいけど。

P1000633.jpg 「早く飯食いてー」と思っている由紀夫。



実は、井上ひさしの『黙阿彌オペラ』が観たいわけ。
現在、紀伊国屋サザンシアターで上演中です。

かなり前、いつものように
「こまつ座」からダイレクトメールが届きました。
『黙阿彌オペラ』予約申し込みのお手紙です。
早めに予約すれば、チケットが取れたはずなのに、
諸事情があって遅れたところ、
時既に遅し・・・。
予約が一杯だったんですよね。

オークションにも、その日のチケットは出ていないし、
当日券も、当日一時間前に現場で抽選
ということなので、観られるかどうかわからない・・・。

う~ん。
こまつ座かホリプロにコネがある方、
是非、お知らせください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。