スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『100000年後の安全』見ました。

『100000年後の安全』見ました。

フィンランドに出来た、世界初の
高レベル放射性廃棄物最終処分場をめぐる人々に
取材を敢行したドキュメンタリーです。

それにしても、見れば見るほど恐ろしい。

「一人殺せば殺人者だけど、
何万人も殺せば英雄だ」

のような話を思い出しました。
一中小企業がこんなことを始めたら、

「ばっかじゃないの」

で終了することが、
国家レベルで、しかも100000年単位で実施されると、
なんだか重厚な意味があるような錯覚に陥るから恐ろしい。
本当は、ただ、自分たちで飲み食いした酒瓶や残飯を
後世100000年後にまで、
「無かったことにして欲しい」という意図で、
埋めてしまおうという話なわけね。
さんざん飲み食いした宴の後に、
こんな巨大なゴミ捨て場を作り、
しかも、100000年の間「忘れ去られていることを望む」
なんて言っても、そんなこと
無理に決まっているのに・・・。

こりゃ、必見です。しかも

「核燃料リサイクルはするべきでない。
プルトニウムが流れ出てくる可能性もあり、
危険すぎる。しかも武器も出来る」

という意味の発言も。

それにしても、
このフィンランド以外の原発保有国が、
全く最終処分場と処分方法を決めていないまま、
原発を運転しているなんて、どういうこと?


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。