スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『漫才ギャング』見ました。

かっぱ
この男も、ボケ役にぴったりかもと思わせる由紀夫。


『漫才ギャング』見ました。

監督・脚本 品川ヒロシ
主演    佐藤隆太・上地雄輔


爆笑。
客に小学生も結構いましたが、
みな笑ってました。

漫才師が作っただけあってテンポがいい。
145分があっという間です。

喧嘩シーンはあまり見せたくないけど、
この程度はまあまあOK.
三池崇史の喧嘩シーンに比べたらね~、たいしたことないし。
それに、主役の上地は卑怯な手は使わない不良だし。

続編も出来るのかしら。

弘前出身の役者、新井浩文が汚い手を使う不良のリーダー役。
重要な役どころで、こういうのは得意らしい。
いいですね。がんばってますね。
近々公開される『蟹工船』にも出ているそう。
『蟹工船』が映画になるって、どうかと思うけど、
こちらも要チェックですね。

70点。
青森コロナの職場券でポップコーンつき1000円。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

あまり映画見に行けないので、いつも助かります♪
「蟹工船」も映画になるんですか?見てみたいですね~。
連休は沢山休んで下さいです(^^)
ラジオも楽しみにしてますので、出演の際は告知をお願いします。

いつも応援、感謝します。

そちらの連休は、農作業ですか?
土に触るって、快感ホルモン?が出るらしいですよね。
確かに、癒される~。

ラジオは、「待機していてください」といわれていますが、
もしかして、原発に関する「爆弾発言」とかされたら困る
と思っているのかしらん?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。