スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能漏れに対する個人対策。

舌なめずり


知り合いから、放射能漏れに対する個人対策を具体的に教えているサイト情報が入りました。
取り急ぎ、お知らせします。

「放射能漏れに対する個人対策」
http://www.irf.se/~yamau/jpn/1103-radiation.html

マスコミでは、「安全」「直ちに健康に影響は無い」を繰返すだけで、
じゃ、どの位の値になったら逃げればいいの? という問いには答えていませんからね。
そんな具体的な値と行動が書かれているようです。
 
以下、極一部を引用。詳細はサイトで確認して下さい。

脱出基準(理由は下に書いています)
(1) 居住地近くで1000マイクロSv/時(=1ミリSv/時)に達したら、緊急脱出しなければならない = 赤信号。
(2) 居住地近くで100マイクロSv/時(=0.1ミリSv/時)に達したら、脱出の準備を始めた方が良い = 黄信号。
(3) 妊娠初期(妊娠かどうか分からない人を含めて)や小児の場合、居住地近くで300マイクロSv/時(=0.3ミリSv/時)に達したら、緊急脱出しなければならない = 赤信号。
(4) 妊娠初期(妊娠かどうか分からない人を含めて)や小児の場合、居住地近くで30マイクロSv/時(=0.03ミリSv/時)に達したら、脱出の準備を始めた方が良い = 黄信号。
 → * 居住地近くでの値が、普通の人で10マイクロSv/時、妊娠初期の人で3マイクロSv/時)なら安心して良い


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。