スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『KAGEROU』読みました。

CIMG0661.jpg
2009年 元旦の由紀夫。動物病院の待合室にて。
前日の大晦日に、急に歩けなくなり、除夜の鐘と共に病院に駆け込んだんだったわ~。
懐かしい。




『KAGEROU』
齋藤智裕著
第五回ポプラ社小説大賞受賞作
ポプラ社 1400円

著者・齋藤智裕が、人生を賭してまで伝えたかったメッセージとは何か?
その全てがこの一冊に凝縮されている。




以上が帯のコピー。
「人生を賭してまで」って表現するほど、ズシッとくる小説じゃないけど、
結構楽しめました。
少なくとも、村上春樹とかよりはいい。
軟弱な男に激怒しないから。

でも、こういう話って、よくある漫画とか映画の筋じゃない?
今の世の中に氾濫している「命を大切にしよう」メッセージ。
個性とか斬新さはないよね。

今後に期待します。


スポンサーサイト

COMMENTS

こんばんは('-'*)

読みました~!最初から映像化を考えて書いたそうで …脚本ぽいですもんね。
しかしネットで祭になるほど悪くはなかったと思いました。


印象は薄いですよね(´・ω・`)


来年もblog楽しみにしております。よいお年を☆

No title

明けましておめでとうございます!
昨日のラジオ、聴きました。
楽しかったです!
妹子さんのお話しの中で‥『恋愛力の有無』や『まずは会ってみて、お互いを知ることが大事』ってとこで、ふむふむと思いました~(笑)

由紀夫の名前が何度か出てきて‥「妹子さんがいない間、由紀夫は一人でお留守番かしらぁ」と、ぶちゃ可愛い由紀夫に思いを馳せたりした‥2011、元旦の昼下がり。

今年も、由紀夫&妹子さんの楽しいブログを楽しみにしていますね!!

ありがとうございます。

いや~、元日から、ラジオを聞いてくださったとは恐縮です。
うれしいやら恥ずかしいやら~。

というのも、スタジオ内での方はなんとかやりましたが、
当日、急に「今から、淳一と街へ出てデートしてきて」
と、無茶振りされてしまい・・・。
いや~、29歳のスタッフ男子と元日デートはいいのですが、
それを素人の私に、いきなりアドリブ街頭中継ですよ~。
トホホホホ・・・。


rose様

そうですよね、別にけなすほどのものではありません。
これでけなされるなら、渡辺淳一はどうなんだ!
ってのが私の言い分。

良い本があれば、ご推薦を。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。