スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んだように眠っている由紀夫。

派手な顔
最近、出張が多い由紀夫。


最近の由紀夫は、「寝たきり犬」です。
時折、雷のような轟音でイビキをかき、
ゴンゴンと何時間でも寝るのです。一体どうしたことでしょう。

一昨日は休みだったので、由紀夫もようちえんは休ませて家に置き、
私は二度、外出しました。
一度目の外出は、ジミーの英語教室。
二度目は旬洋亭で昼食を。

通常の犬は、飼い主が帰ったら真っ先に迎えに出ますよね。
由紀夫も、そうでした。

でも英語教室から帰っても、由紀夫は寝ており、
ぴくりとも動かないわけ。
死んでるんでない? と思い、近づいて聞き耳を立てたところ、
息はしていました。
その後、旬洋亭に出掛け、1時間後に帰ったときも、
ぴくりとも動かず、寝たままでした。

昨日はようちえんに行きましたが、
夕方帰宅後、即、グオ~ングオ~ンと寝はじめました。
帰ったらまず、私が夕飯を食べ、その後で由紀夫に餌をやるのが
習慣です。そして私が夕飯を食べている間、いつも由紀夫は恨めしそうに、
あの飛び出した目で、ジッと私を見ているのが常でした。

ところが昨日は、私が夕食を食べ始めて間もなく、
座布団で爆睡しはじめました。一体どうしたことでしょう。

思い当たる理由は、最近、お遊戯の練習がハードなこと。
黄金週間に、恒例「ふれあいドッグフェスティバル」が開催され、
由紀夫はそこでまた、ドッグ・ダンシング・チームの一員として踊るらしいのです。
その練習で、疲れ切っているのでしょうか。

そういえば昨日の日曜には、やはり動物愛護センターで
「春のフェスティバル」があり、
由紀夫は、「ワンちゃんと遊ぼう!」コーナーかなんかで、
さんざん子ども達の相手をしたようです。

由紀夫も大変だよね。犬なのに。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。