スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグトレーナーの実態。

0824 001 思慮深そうで、何も考えていない由紀夫。


今日、由紀夫のようちえんの先生からお話を聞きました。
ドッグトレーナーの人材が不足しているわけですが、
その理由は。

①青森県では養成施設がない。近くて盛岡。
②養成施設(専門学校など)を卒業しても、
実際は経験がないと、一人前のドッグトレーナーにはなれない。
つまり、スグには使い物にならない。
(それに、民間の各種資格に合格するとは限らない。)
③しかも、専門学校を卒業しても、実際は犬関係の就職がないので、
修行を積むことが出来ない。
(卒業生の5%程度しか、犬関係の就職をしない例もあるとか。)
④ドッグトレーナーが活躍する施設(躾教室など)は、
それ単独では経営が成り立たないから、あまり存在しない。

ざっと、こんな感じです。

では、この続きはまたの機会に。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。