スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『犬部!』読みました。

0824 001 『犬部』にはパグは出ませんでした。

『北里大学獣医学部 犬部!』
方野ゆか著
ポプラ社 1400円+税

行き場を失った犬や猫を救うために奔走する現役獣医学部生たち。
動物だらけのキャンパスライフは、笑いと涙と感動の連続!?
青森県十和田でくりひろげられる、実録青春ストーリー。



以上が、帯のコピー。

現在は「北里しっぽの会」と名前を変え、存続しているという犬部。
動物愛護の精神を貫く、獣医の卵達が、
私財と時間をなげうって、捨てられた動物を救おうとする活動なのですが、
もう、涙なくして読めません!

どうしてそこまで自分を犠牲にできるのか?
若いから?
だとしたら、若さってやっぱり素晴らしい~。
(って言っても仕方ないけど。)

一番印象に残っているのは、やはり、犬部創始者の太田快作のこと。
きっと、周囲からは相当な変人に思われていたでしょう。
そして、そういう強烈な意志がないと、
これだけの部も作れないし、何かを始められないってことですね。

それにしても、動物愛護のボランティア団体の方々は他にもいるわけで、
本当に頭が下がります。
ご苦労様です。


スポンサーサイト

COMMENTS

犬部の若者

犬部・・私も読みました。
例の猫カフェ「ぽんぽろ」主催者が時々、動物愛護センターで講演会などをするときに、私も手伝いしてましたが、その時に、数人の若者が参加してました。

あなたたちは?と聞くと「犬部」ですと。
これがサークル名だというからびっくりしました。

本を読んでみると、生き物を預かるって、単なる犬好き、猫好きという感覚ではできませんね。
捨て犬、捨て猫の状況をかえていきたいものです。

身近に居たんですね!

おお。それは、素晴らしい。
私も是非一度、お会いしたいです。
犬部の人に。
それに、ぽんぽろ主催者の講演会っていうのも興味ありますね。
機会があったら、是非お知らせ下さいませ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。