スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きなダイヤをはめた党首が掲げる桃茶党的「公約」

0824 003




Pink Tea Time 2010年 八月号

大きなダイヤをはめた党首が掲げる桃茶党的「公約」


七月十九日
一体、どうしたことか。寛容にも程があると思うのは、私だけなのか・・・。

 私は最近、巨大なダイヤモンドの指輪をはめている。一・七カラットだから、小豆よりも大きい。四年前、離婚記念にお母様と御姉様から買っていただいたものだ。
 質流れ店で買ったとはいえ六十万近かったから、新品なら軽く百万は越える。ゴロッと大きく、ギラッと光るから、著しく目立つ。私の周囲に、こんな大きなダイヤをはめている人は、美輪明宏くらいだろう。だから日常の着用には少し気が引け、特別なときにだけ、こっそりとはめていたのだ。
 しかし先日、思い直した。私だってあと何年、元気でいられるかわからない。明日には心筋梗塞で、コロッと逝くかもしれないのだ。
それに、たかが指輪だ。左右の指十本全部に十個の指輪をはめるとか、足の親指にはめるとかならまだしも、手の指一本に一つはめるくらい、別にいいじゃないか。グラスの底に顔があってもいいじゃないか、という了見になり、思い切って職場にはめて行ったのである。
 すると、どうだろう。実に意外な反応があった。
 誰一人、何も言わない。
 職場に限らず行く先々で、会う人会う人、誰も何も言わない。かれこれ二ヶ月になるのに、誰一人、この指輪のことを言う人はいないし、じっくり見る人も皆無なのだ。一体これはどうしたことか・・・。
私は考えた。実はこの指輪に、誰も気がついていないのではないかと。
しかし、それほど目立たないのなら、何のために大金を払ったのか分からない。
それとも大きすぎるから、ガラス玉だと思っているのか。だとすれば、またもや何のために六十万円払ったのかわからない。
確かに私は、自分の服装や髪型についてコメントされるのは嫌いだ。
「今日は上下、ストライプ柄だね」
など言われると、だからどうしたと言いたくなるし、美容院に行った翌日に、
「髪切った?」
と言われると、この人は、
「いや、これカツラ」
という類の返答を期待しているのか、などと、深く考えてしまう。
 しかし、これほど目立つ指輪を意を決してはめたのに、無反応とは肩すかし。
 そして私は逆に不安になった。以前、職場で、私の鼻から鼻毛が出ていたのに、誰も言ってくれなかったことを思い出したのである。
 そりゃ無いだろうと思った。誰かが早めに注意してくれれば、その後会う人物に、私の鼻毛を見られることもなかった。例えば、焼きそばを食べた後など、友達に、
「あ、歯に青ノリついてるよ」
 と注意してあげることがあるが、世の中そういうもの。持ちつ持たれつではないか。
 ここの職場の人々は本当に大丈夫か、信頼していいのだろうかなど、不安になる今日この頃だ。

七月二〇日
 とはいえ、過去の「鼻毛露出事件」など、もうどうでもいいのである。
参院選も終わったが、もし私が「桃茶党」を立ち上げ、国会議員に立候補した曉に、是非実現させたい法律が二つある。それは、子どもの名前を全て平仮名にする法律、そしてペット手当法、以上である。

【一】子ども平仮名命名法
 最近の子どもの名前は本当に読めなくなってきている。ルビ無しで読めるのは、全体の半分くらいではないかと思うくらいだ。例えば先日、「信太」と書いて「しん」、「岬」と書いて「みさ」等という名前に出くわしたが、親類縁者以外は絶対に読めない。
また、二〇〇八年某社で発表した名前ランキングトップ3に入っていた「大翔(ひろと・はると)」「陽菜(ひな・はるな)」等だが、これも読めない。その他、「天使(みかえる)」「絆(はあと)」など、冗談のような名前もあった。これはクイズか、ということである。
 しかも、読めない名前を読み間違え、本人や親にクレームを付けられた、また誤変換で書類が間違っていたとき、親に、
「考えて付けた名前なんです! この書類、直してください!」
 と厳しく責められたという経験が私にはある。そんなに私が悪いのか、ということである。
読める名前でも珍しい漢字や当て字のような用法が増えており、ワープロ変換が大変難しい。入力に膨大な時間と労力を費やすので、大変に迷惑である。
そもそも言葉は他人に何かを伝える為にあるのだ。読めないということは言葉の使命の大切な部分を失っているし、内輪だけの暗号であり、社会性が全くない。多くは親の一方的な願望や趣味、自己満足の世界だ。
しかし、だからと言って「るぱん」「みるく」等の平仮名名前も困るよな。とにかく子どもは親のペットでない。誰かが「親権乱用」に歯止めを掛けるべきである。

【二】ペット手当
「子ども手当」「高校授業料無償化」など、子どものない私には腹立たしい政策が論議されている。そんなことに国家予算を使うなら、小学校の一組の定員を二十人にすべきだと思うのは私だけなのか。
それにしても私のような独身者や子どものない夫婦、一人暮らしの老人など、子ども関連の優遇措置を受けない人は今後確実に増える。よって「ペット手当」を支給すべきだと思うのだが、どうだろう。
以下、ペットの利点をいくつか。

①独身者や一人暮らしの老人を癒す。
②ペットの世話をすることで、生活にハリや生き甲斐が生まれる。
③すると孤独による鬱病が減る。
④規則的な生活と運動が、メタボや生活習慣病予防となる。足腰も強くなる。
⑤病気が減ると(個人と国家双方の)医療費も減る。医師不足対策にもなる。
⑥犬の散歩は、犬を通じた近所付合いを密にする。
⑦それが町内の防犯に繋がる。
⑧町内「私のワンニャン自慢」大運動会など実施すれば、老若男女が集う機会が出来る。
⑨そこで男女の出会いができ、結婚に繋がる。
⑩動物愛護センターで処分される犬猫の里親制度などを充実させることで、殺処分数を減らすことが出来る。

ざっとこんな具合。
そもそもペットは、携帯電話や化粧品、ゲームに金を使わないので、子ども手当よりはるかに有効に税金を使える。特に現在の日本社会では、⑨番が重要な利点となってくるのは間違いないだろう。
現在も私は由紀夫のパパを強力募集中。結婚式には由紀夫を真ん中に、記念写真を撮りたいと思うが、興味がある人は是非、グラフ青森まで。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

100拍手。名前、平仮名表記になればいいですね。読めない名前をつける意味がわかりません。聞いてみたいものです。世の中、目の前の本人に聞いてみたいと思うことが多々ありますが、いたって常識的なので聞けません。なぜ読めない名前をつけたのか、つけた方の意見がこちらに寄せられればいいですね。

ありがとございます。

暴走族まがいの名前の人とかいたら、聞いてみたいですよね。
「夜死子」「魔鎖忌」みたいな~。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。