スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『父と暮らせば』見ました。

P1000642.jpg
 伸びる由紀夫、別バージョン。


井上ひさし追悼 こまつ座公演
『父と暮らせば』
井上ひさし・作 鵜山仁・演出
出演 辻萬長・栗田桃子
8月10日19:00~ あうるすぽっと 
4200円


見てきました。
これ、宮沢りえと原田芳雄で映画化されたよね。
映画はまだ見ていなかったけど・・・。

原爆で生き残ってしまった娘・美津江は、
死んでいった人々に申し訳なくて、
自分が幸せになることを拒んで生きている。
そこに、原爆で死んだ父の霊が登場。
美津江の恋を応援し、皆の分も幸せになれ!
と、必死で元気づけるというお話。

いつもの井上芝居とは違い、歌も踊りもない二人芝居。
とはいえ、暗い話を明るく分かりやすく、かつリズミカルに運んでいく
井上芝居は相変わらずでした。
この芝居、オバマさんにも見て欲しいですね。

1994年に初舞台。
モスクワ・香港でも上演され、今回の公演で通算386ステージ
となるそうです。

勿論、100点。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。