スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不便な手洗い場。

P1000616.jpg
青森市文化会館女子トイレの手洗い場。




今日、青森市文化会館で、歌舞伎鑑賞。

それはいいんだけど(そうでもないけど)、いつも激怒するのは、
ここのトイレです。

なんでこんなに使いづらいの?
コンサート会場に行けば、客はチラシやプログラムを手に持ってますよね。
それなのに、トイレに行ってもそれらを置くところがない。
鏡の前の棚になっているところは狭すぎて、
せいぜいチケットが置けるくらいなわけ。

つい最近、大幅に改装したから、期待してたのよ。
莫大な金がかかっているわけですからねぇ。
確か、改装前も不便だった気がする。
改装後、女子トイレは随分増え、混雑が減った点はよかったんだけど、
この手洗い場ですよ。

この孤立した手洗いが複数、無機質に、壁からニュッと突き出ているだけで、
周辺には物を置く台がない。

誰が、何のためにデザインしたのか?
デザインのコンセプトは多分、
「使いづらさ」と「不親切」だったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

こういうの男子トイレも同じですね。公共の建物でも、全然利用者の利便性を考えてませんよね(^_^;)
デザインが良くても使い勝手悪いと、全てが台無し!
公共工事だから、工事費幾ら取れるか?そんな感じで改装したんでしょうね…。
江戸時代から続く士農工商は、今も健在な気がします(T_T)

男子も?

荷物が多いのは女性ですが、
男性も同じ感想なんですね。

デザインしたのは男だと思ってましたけど、もし
男だとして、同姓にとっても不便なトイレって、ねぇ・・・。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。