スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅臼のホッケ。

P1000606.jpg

一昨日は、青森市筒井のフレンチレストラン「旬洋亭」で晩ご飯。
写真は魚コースのメイン。
羅臼産のホッケのムニエルと花咲ガニです。

これが、激ウマ。
私はグルメじゃないので、初めて知ったのですが、
羅臼のホッケは大間のマグロと同様の高級ブランドで
滅多に食べられないそうです。
確かに、ホッケと言えばアブラギッシュな居酒屋料理を
思い出すのですが、
そのアブラギッシュさがなく、至って上品な味。
花咲ガニも身がぎっしり入っていました。

この他に、たっぷり過ぎる前菜(それだけでメイン料理のような量)
カボチャの冷製スープ、ご飯・漬け物・
たっぷりのデザート・コーヒーで、2130円(確か)は安いよね。
赤ワインを一杯飲んだので、確か2630円だったから、
引き算するとそのくらいの値段でした。

デザートも美味しかったわけ。
フルーツ・杏仁豆腐・ケーキの三点セットが
定番なのですが、ケーキが毎回違う。
今回は初の「チョコチップ入りチーズケーキ」。
濃厚、とろり、ひんやり、さっぱりという、
様々な形容詞が思いつく味でした。

夏休みになると、帰省してきた家族客らで混み合いますので、
予約した方が無難かも。



スポンサーサイト

COMMENTS

No title

羅臼のホッケって高級品なんですね~。
昆布が有名だから、ホッケは初めて知りました!
ボリューム満点だし、美味しそうだし、リーズナブル!!

融通も利きます。

通常、前菜はカルパッチョ。
でも、苦手なら、別な前菜を出してくれます。
オープンキッチンなので、
我が儘を聞いてくれる、良いお店ですよ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。