スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あったらいいなと思う法律。

P1000563.jpg
「ぴーちゃん」と遊んでいる由紀夫。


私が国会議員に立候補したら、
公約にしたいと思うことの一つに、

「人の名前を全てひらがなにする法律」

があるわけ。

だって、今の子どもの名前はひどいよ~。
ルビがなくても普通に読めるのは、2~3割じゃない?
例えば、「新太」と書くのに「シン」とか、
「岬」で「ミサ」とか、そんなのがあるんですよね。
どう考えたって、絶対そうはよめないだろ!
しかも、名前には使わないような漢字もけっこうある。
例えば、「憂」とか。

そういうのって、どういう意味があるのか、大変に疑問。
それに間違って読むと、酷くその人に文句付けられたりすることがある。
どーですか、これ。
悪いのは読み間違えた私ですかって話でない?

ワープロで変換できないしね。
そうすると、大変な時間のロスが生じる。
別に、変換しづらいからどうこういうのは、
話の順序が違うけど、でも
そんなに時間のロスをするだけの価値なし、じゃない?

そもそも「言葉」っていうのは、
他人に何かを伝える為にあるわけです。
(だから言葉を持たない文明は、後世に伝わらない。)
それなのに、伝わらないっていうのは、
言葉の意味がないと思うわけ。
暗号だよね、仲間内の。
それとも「伝わらなくていい」っていう意思表示なわけ?

そう思うのは、私だけかしらねぇ。


スポンサーサイト

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おもしろすぎますね。

親の趣味が分かる、子どもの名前って、ど~よ。

No title

ひと昔前は女の子の名前は「〇〇子」が多かったけど、最近は少なくなりましたよね~。個性的な名前が溢れてますが、親の一人よがりな感じもします。
「悪魔くん」騒動を思い出しました!

独りよがりです。

教育レベルもわかりますしね。

No title

漢字ならではの変読というのも味わい深いものがあります。敏明を「びんめい」、竹林を「ちくりん」、聖一を「セイント☆ワン」と読んでみたりと(※すべて架空の名前です)。
しかしながら、変読にも限度というものがあり、最近の名前を見てると昔の漫画の域に入ってきましたね。「男」と書いて「かなしきせんし」とふりがながふってある的な…

「女」と書いて、

さて、何と読むんですかねぇ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。