スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激怒、再び。

P1000467.jpg なぜ座布団を二枚も敷いているのだ、由紀夫?


携帯に来るダイレクトメールって、一種の暴力だと思うのは私だけでしょうか。

今日、JALからダイレクトメールが来ました。

「携帯アドレスを登録されているJMB会員の方に、
ケータイメールニュースを配信することになりました。」

別に、ニュース配信なんか頼んでないんですよね。
飛行機の予約確認が欲しくて、アドレス登録はしましたけど。

しかも、携帯ダイレクトメールの配信停止って、本当に面倒!
配信停止の方法は、大概一番最後に出てきます。だから
延々と画面をスクロールしなくてはならない。
しかも、「配信停止」のアドレスにアクセスして、
スムーズに配信停止できたことが、ないわけ。

で、今日のJALのダイレクトメール。
案の定、最後の方に、

「配信をご希望されない場合は、お手数ですが5月20日までに
配信停止のお手続きをお願いします。」

とかかいているんだけど、
結局その手続きに、なんと40分くらいかかりました。

だって、「アドレス変更/配信停止」
のサイトにアクセスすると、「ログインしてください」と出る。
ログインのためには、IDやらパスワードやらを聞かるけど、
そんなの覚えていない。
すると、それをもう一度、問い合せる必要があるわけですね。

で、晴れてログインが出来た後も、
出てくる項目の、どれが「配信停止」なのか
さっぱり不明。
指示通り操作しているはずなのに、指定されている項目がない!

「あれ? 私のやり方、間違ってる?」

と思ってまた、元のダイレクトメールに戻ろうとすると、
折角ログインした今のページを閉じなくてはならない。
ああ面倒くさい! 
仕方なく元に戻っても、結局分からずじまいなわけ。

激高しながら、「問い合せ」の電話番号に電話すると、
今度は、延々と流れる録音テープ・・・。

「何とかの人は1、何とかの人は2・・・・・を押してください」

とか録音テープが言うけど、その項目が、6まであったりするんですよね、たまに。

今回は、2分くらいで、なんとか生身のオペレーターに繋がりましたが、
そのオペレーターの話が、また意味不明。
だって、こっちが分からないことを質問したら、

「ちょっとお待ち下さい」

と保留にされ、そのまま延々3分・・・。
で、三分後にようやく出てきて言うことは、

「ナントカカントカにログインして、
『なんとかかんとかサイバーフラッシュの停止』を押してください」

でも、「サイバーフラッシュ」って何?

そう質問したら、

「JAL広告携帯メールの名称です」

だって。
そんな名前、私は知らないのよ!
そもそも、そんなのどこに書いてるの~?

この40分って、時給にしてどれくらい?
その時給相当額を、JALが支払うべきじゃないでしょうか?

とにかく激怒です!
そして、私の携帯には、
結局「配信停止」方法がわからないので、
定期的に来る広告メールが一件あります。
ああ、これをナントカして止めたい!

スポンサーサイト

COMMENTS

メールアドレスの違いってわかります?

JALの飛行機予約のメールアドレスと
JALの広告メールのアドレスが違うことってわかります?
もし違うようでしたら、i-modeのこのメールは受け取らない、みたいな
機能があるページ(誰かから正式名称をきいてください)を
いじっては?とか思うのです。

近くにいたら設定しに行くんですがー・・・。

んだんだ

まさにその通りですよね。
頼みもしないのに、企業側のメールを配信が大前提だからね。
そったらのいらねぇよってね!

全く、誰かにお願いしたい!

すー様

いえ、そんなこと、アナログ頭の私にはサッパリ分かりません。
そんなことに時間を費やさなくてはいけないなんて
考えただけで頭に来るんです!


南部のファン1号様

この怒りを共有できて嬉しいです!

No title

 私もそのうちに配信停止おしょうと思ってほったらかしにしてましたが、今日PCの方に
 「携帯への配信希望しない」に設定した旨のメールが届きました。

きっと妹子さまのような問い合わせが多かったののかも?!

おお!素晴らしい。

そうです。
みんな、声を大にして叫びましょう。

「配信停止」操作を、ワンクリックで出来るようにしよう!
憲法九条を変えるな!
『桃色茶時間』第二弾を出版するぞ~!
・・・・・・・。

以上です。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。