スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『豊饒の海』を読んだという人の感想。

画像 002
写真を撮られるのは好きな由紀夫。理由は、ご褒美が貰えるから。



今日、『豊饒の海』を三年前に読んだという男性Yさんと
話す機会がありました。
Yさん、三島由紀夫が大好きで、作品は全部読んだのに、
『豊饒の海』だけは、どういうわけか読む機会がなかったそうです。
三年前にようやく読むことができ、

『春の雪』と『天人五衰』に感動した

と仰ってました。また、

奔馬』はまだなんとか読めるが、
『暁の寺』は嫌いだ・
・・。

とも。 そして、

「『春の雪』は、晴らしい恋愛小説だった。
清顕の恋は、失ってから気づくというパターンの、
本当の恋心だったのでは?」

「『天人五衰』のラストシーンは、
タイトル通りの仏教的な解釈が妥当だと思った」


というのが、Yさんの感想。

う~ん、そうですかねぇ。
私はそうは思わないわけ。
男の解釈って、やっぱり甘いよね。

「男の浪漫、女の不満」

ということで、結局この話は纏まるのかなぁ?
と痛感したんですけど、どうでしょう。





スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。