スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱帯魚愛護センター?

画像 006
今はすっかり走り回っている、許せない男、由紀夫。



昨日のNHKニュースで見たのですが、
熱帯魚の譲渡仲介をしてくれる団体が、どこかの県であるそうですね。
飼えなくなった熱帯魚を引き取り、
それを無料で学校や団体などに譲るのだそうです。

きっかけは、日本の河川や海の生態が大きく変ることへの危機感だそう。

可愛いと思って買った小さな熱帯魚が成長し、
50㎝以上の大物になったりする。すると、
普通の家では50㎝以上になると水槽で飼えないので、
飼主がウンザリし、川に捨ててしまうという現象が後を絶たない・・・

こんな話は確かに何度も聞きました。
ピラニアなんかもそこら辺で捕獲されることがあるそうだから、
確かに生態系が変って当然ですよね~。

生き物を飼うときは決心が必要です。
私の知合いは、夜店で買った小さな亀が、
今は23才位になり、30㎝くらい有るらしい。
18才の亀もいるって言っていたから、素晴らしい!!
一度、面会に行こうと思っています。
由紀夫を連れて。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。