スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人間失格』見ました。

画像 006 誰かに似ているような気がする由紀夫。




太宰治は嫌いなので、詳細なコメントは差し控えさせていただきまず。

凄いと思ったのは、女優陣。
何人、大物女優が出てくるんだ~!

そして、相手役の女優に年齢制限がないところが凄い。
若手から大御所まで。
一体どういう基準で選んだのでしょうか。
あんまり大御所が出てくるので、
最後には、森光子が出てくるのかと思いましたよ。

さすだなぁと思う存在感は、やはり大楠道代。
この人、もう64才だそう。
私は『ツィゴイネルワイゼン』以来のファンですが、
綺麗だよね~。
『春の雪』では、なんと聡子の付人「蓼科」を演じたので
仰天したわけ。だって
全く原作のイメージとはかけ離れた役柄でしたから。
ま、原作と映画は別物ですけどね。

因みに、この映画のラストあたりに
主役がラジオ体操をするところが、個人的に笑えます。
三島が太宰を評した言葉、
「ああいうのは、ラジオ体操をすれば治る」
に基づいているのかしらと思って。



スポンサーサイト

COMMENTS

「ブログ失格」? 「人間失格」?

初体験レポート、お陰様をもち長ダラ記も 終了いたしました。
特に、フィナーレには、妹子さまには、宝塚並みに26段の大階段を華麗に降りていただき
花道・銀橋を ★のついたシャンシャンを振ってパレードしていただき、大盛況の中 幕を下ろすことができました。

「初体験記」完。
平成二十二年三月十四日

............と記して終えるのには ハラキリの怖さが脳裏を横切り 控えた次第です。

これで、桃色茶の3条件「不可解な出来事、激怒すべき事件、理不尽な人物」を満たすことができたのではないかと 内心喜んでおります。

これからも、三条件に適応すべく 邁進してまいりたいと思いますので ご指導よろしくお願いいたします。



えっ?、 「ブログ失格」「人間失格」ですか?

太 宰 治 は好きくないとか、では、ダサイお爺んは ???

                ほな、 さ・い・奈・良

お疲れさまでした。

本当に詳細な説明内容には、驚きました。
お好きなんですね~、お寺巡り。

因みに、誤解のないようにお断りしておきますと、
(とはいえ、個人的にはいつも言っている内容ですが)
私は三島由紀夫のファンではないのです。
特に面白いとは思いません、この男の小説は。
女はまるで、人形のように無機質な描写がされたり
しますからね。
『豊饒の海』のラストシーンが納得できないので、
いつか大学院で論文を書こうと決心しただけなのでございます。

ただ、太宰治は嫌悪しています。
好き嫌いは個人の好みということで、ご容赦を。

邪魔爺さんが、お好きな作家など
お知らせ下さると嬉しいですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。