スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しくなったグラフ青森。

画像 005
今日も、ご飯を待つ由紀夫。




最近、もの凄くグラフ青森の締切りが厳しいわけ。
これまでは
殆ど原稿の催促をされたことが無く、
締切りが一体いつなのかも分からなかったという
ぬるま湯のような日々が
約10年続いていたわけですね。

催促がないから、私ものうのうと暮らしていて、
それでもさすがに、
「いくら何でも、マズイだろう」と思って、
原稿を出す・・・。
そんな感じでした。

ところが一年くらい前からでしょうか。
Eさんという新しい編集者が入ってから、
厳しいのなんのって。
実は昨日がPink Tea Timeの締切りだったんだけど、
昨日のうちに入稿しなかったものだから、
今日の昼、早速
「原稿のすすみ具合はいかがでしょうか。
昨日が締切りでした」
というメールが…。

なんたって、Eさんがグラフに入って間もなくのある日、
それは、締切りの翌日だったんだけど、

「グラフの体裁が変わって間も無いため
編集作業が追い付かない事がありますので、
何とか今日明日中に受け取りたいのですが…ご一報下さい。」

ってことは、私のページに穴が開くってこと?
・・・恐ろしかったので、即日入稿しました。

でも、仕事なんですから、
こういう厳しさは当然ですよね。
分かっていますよ、はい。
そして今日、Eさんのメールとちょうど入れ違いに、
原稿を入れることができた私です。





スポンサーサイト

COMMENTS

wxAGynfnlGvhjh

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。