スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「書いて稼ぐ技術」読みました。

980円ベッド
ドン・キホーテで買ったペット用ベッド(980円)が一目で気に入った由紀夫。
これを由紀夫の部屋に置いたら、自ら入って寝ています。




「書いて稼ぐ技術」 永江朗著  平凡社新書 740円

「文筆生活を夢見る人におくる実践的生活術
ライターに元手は要らない。まずは兼業から始めよう!」


が帯のコピー。
ライターにとって、大変為になる話でした。

・「やりたいこと」より「できること」
・不況だからこそフリーライター
・一枚の企画書が次の仕事につながる
・めげずにたくさん回る
・編集者が求めるのは“ひとがら”

など、私が今求めている情報が、永江氏の実体験から書かれています。
「不況だからこそフリーライター」
というのは、現実に即した考え方なので、「なるほど~」と感動。
つまり今は、正社員ほど不安な時代だと言うのです。
会社からリストラされると、正社員は無収入になる。
それに引き替え、フリーランスは複数の会社の仕事を兼業しているので、
一つが駄目になっても、収入は他から入ってくる。
一種のリスク分散ですね。

また、フリーランスだから他分野の仕事が出来るわけで、
それが自分の肥やしになる。
つまり引き出しが多い方が、仕事の数や可能性が増えるのだそう。

そして、一番共感したのは、
・「やりたいこと」より「できること」
でした。

「本当にやりたいこと」や「本当の自分探し」などと言われるが、
そんなもの本当にあるのか?
「本当にやりたいこと」「本当の自分」を探せと言い、
それによって定職に就かない若者を増やし、
労働力を流動化させようとしたのは、
財界・役人・政治家の陰謀だ、とまで断言しています。

そして、イチバン感じたのは、
「読書がいかに重要か」ということでした。
う~ん。
頑張ろう・・・。




スポンサーサイト

COMMENTS

TSUTAYAにはなかったみたいです。

題名が気になったので読んでみようと思いました。
これからたくさん本を読まなければ!と,気合い入ってます。
前回のラジオは面接で聞けなくて残念でした。
今日の面接は,前向きに進められそうです。
ありがとうございました。

アマゾンで買いました。

そうですね。ケイゴさんは読んで損はない本です。
宜しければ差上げますので、9日以降、旬洋亭へどうぞ。
メンズノンノ、本当にありがとう御座いました。
旬洋亭へ返しておきました。

面接だったのですね~。
ご検討を祈ります。

ありがとうございます!

妹子さんのブログにいつも救われてます。
今回の面接も,読まなければ巡りあってはいませんでした。
感謝します。
本は是非,今後の為に読みたいのでお願いします。
9日以降ですね。
わかりました!
何から何までお世話になってしまって,様様です。

そういえば私も。

最近まともな読書してないなあ・・・・(´・ω・`)
興味ある本を買って、それで安心しちゃう。
いわゆる「積読」の傾向があります。
少なく見積もって手元に未読の本が5~6冊はありますわ。
直近で読んだ本といえば、NHK大河ドラマ『龍馬伝』のムック本。
これはこれで面白かったんですけどね。

私とて、同じこと。

積読は普通みたいですよ。
読んだ本のほうが少ないという人は多いのでは?
だれだったかの本を読んでいたら、そんなことが書いてありました。
私の上司もそう。
本を買う、そして所有するのが趣味だとのことです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。