スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レスラー』見ました。

おお


主演 ミッキー・ローク
監督 ダーレン・アロノフスキー
第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞

だそうです。
本当に、カンヌとヴェネチアってねぇ、何なの一体・・・?

「激怒」まではしないけど、「不愉快極まりない」映画ですよね。
年を取り心身共に衰えていても、
過去の栄光にしがみつき、現役を去りたくない、いや
去ることの出来ないプロレスラー(ミッキ・ローク)。

全く、今の私に当てはまる話ですよ・・・(涙)。

だから同情はするけど、他人を巻き込むという点で
私とは一線を画するよね、このタイプ。
こんな男が居るから女子どもは不幸になるんだ!
っていう、「駄目男」のイデアですなぁ。
つまり、「不幸になるのは自業自得」でも、
他人を不幸にする権利はないわけすから。

ということで、また毒を吐いてしまいました。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。