スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おくりびと』をDVDで。

CIMG2345.jpg
今日はドッグ・ダンス関連イベントで出張中の由紀夫。GWも連続出張だそう。
あ~、さっぱりする~。




ついに見ました、話題の映画。
映画館に行く予定だったけど、DVDを貸してくれた人が
いたので、つい、DVDで。

これも号泣だったわ~。
映画の教科書のようで、あまり文句の付け所がない感じ。
文句を付けるなら、最後まで出来すぎってとこかしらん?
ロケ地と建造物の美しさが印象的でした。
私達も強い意志を持って、
美しい町と自然を守る(創る)ことが必要ということですね。

最後の「石文の件」がまた、よく出来てます。
あの小さな石は、自分が父に送った石で、
石に託した当時の自分の気持を、
数十年後の自分が思い出すというお話になっている。
アンジェラ・アキの「15才のナントカ」という曲といい、
自分が自分に手紙を出すというのと同じ構図ですね。

そういえば、最近の所謂「ネットいじめ」なんかを連想します。
自分で書いたものは、即ち自分自身であるということでしょう。
最近はメールが大変手軽になり、
無責任に色々軽薄なことを書く人がいますが、
それも結局自分自身。
自分の文章には責任を持たないと・・・と痛感しました。

そして、女はやはり、ピンクのレース下着なのね!と再認識。
早速買いに行かねば!

95点。
友達から借りたDVDなので、0円で。

スポンサーサイト

COMMENTS

見ました!

私は、映画館で!
160席 満員だったみたい。
周りを見渡すと、60代以上の方々が半数以上だった。

そして、周りも私も大号泣。
所々、笑いもありましたが、久々に号泣した映画です。

数年前に、本も読んだけど、映画も本も私は好きですね。

モックンの演技 上手すぎる~

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。