スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「獨道中五十三驛」見ました。

CIMG2399.jpg
新橋演舞場 弥生花形歌舞伎
猿之助十八番の内
「獨道中五十三驛」(ひとりたびごじゅうさんつぎ)

出演:全て「市川」
右近・段治郎・笑也・笑三郎・春猿・弘太郎・寿猿・猿弥・門之助


見ました。松子様と二人で。

「市川右近が十五役を早変わり!
宙づり!
本水!」

というのが、売りのようです。

実際、右近の早変わりは凄かった!
一体、裏に身代わりは何人いるんだ? と思いましたねぇ。

でも、総合的にはちょっと期待はずれ。
宙づりは一度だけだし、
海中の生物を描く小道具・大道具は子供だましだし・・・。
笑三郎と春猿の、おやえ・おきちの客席サービスも中途半端。
サービスするなら、ジャニーズ事務所のように、
徹底的にサービスして欲しいと思うわ~。

ということで、楽しめたけど改良の余地あり。
「中途半端」と思わせるようじゃ、
プロとしてまだだと思うんですけど。
だって、一万四千円ですからねぇ。
客は元を取ったという気分にはなれませんから。

3月20日夜の部鑑賞。60点。
新橋演舞場 当日券一万四千円。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。