スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『太鼓たたいて笛ふいて』見ました。

iii.jpg


『太鼓たたいて笛ふいて』
こまつ座第八十七回公演
新宿サザンシアター 12月12日(金)
作   井上ひさし
演出 栗山民也 
出演 大竹しのぶ・梅沢昌代・神野三鈴・山崎一・阿南健治・木場勝己

見てきました。
私の元担当編集者 大正なでし子女史と。
これも、期待を外しませんでしたわ。

芝居でハズレがないのが、
三谷幸喜と井上ひさし・・・、
私は、前にもそう書いたことがあります。
今回も、その通りでした。

ちなみに、これは作家:林芙美子の話ですが、
この人、こんな作家だったとは、知りませんでした。
『魔笛』でも「しらなかった」を連呼している私ですが、
すみません。無知ですわ~。

大竹しのぶの凄みのある演技と美しさにも脱帽です。
生まれながらの才能と無邪気さ故の自信。
女としても、仕事人としても、
全く、「うらやましい~」の一言ですね。

井上ひさし。
以前話題にした、小森陽一氏が事務局長をしている
「九条の会」発起人です。
しかも最近、同会の発起人だった知識人
加藤周一氏が亡くなり、世間で話題になったばかり。
加藤氏の特集をNHKでも組んでいました。

井上ひさし。
人間国宝とも言える作家・・・かもしれません。

スポンサーサイト

COMMENTS

どうも

はじめまして、
このサイトは文章が読みやすく、また内容が解り易くて良いですね。
宜しければ、相互リンクをして頂ければ嬉しいのですが・・・どうぞ御検討してくださいませ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。