スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間には、適応能力があることを発見。

毛布で寝る由紀夫
        私が居間でひざ掛けに使ってる毛布で寝る由紀夫。


今日、やけに暑い!と思って部屋の温度計を見たら、な、なんと
摂氏 18度。
最近は灯油の節約のため、室温は17度にしてるんだけど、
寒さに慣れたのね~。我ながらびっくり。
去年はいつも20度にしてたんだけど、
その時に比べたら、灯油の減り具合が遅いのは歴然!

19日、NHKニュースの特集で、

「札幌の家庭では、冬の室内平均気温が22度。
たいていの家庭では半袖Tシャツで過ごしている」

と言っていた。ああ、恐ろしい。
東京出身のkoroさんが、冬、20度に設定した私の家に来て、
「妹子さんの家は暑くて息苦しい。
私の部屋では、吐く息が白くなる。そのくらいが快適」
と言っていたよね。
koroさんは、札幌大好きだけど、
冬の札幌に住んだら、蒸し焼きにされるんじゃない?

ホント、koroさん、エコロジーな人物です。脱帽。

で、今日発見した「私のエコ」を紹介。

1.全ての部屋に温度計を置く。
 数字で示されると、妙にやる気が出るから不思議。
 「日に数回、体重を量るだけで体重が減る」
 というダイエット方法があるけど、まさにそれ。

2,果物の皮は1~2日放置して、乾燥させてから捨てる。
 果物の皮だと臭くないし、冬は乾燥が早い。
 でも、これって常識なのかしらん?
 私は今まであまり果物を食べなかったので、
 意識してなかったけど…。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

室内温度17℃で寒くないですか?! 20℃でスイッチのON_OFFをこまめにしていたのですが私も早速18℃に下げてみました。

他の果物は分かりませんが、みかんの皮は小さく刻んで乾燥したものは畑の肥料に使えますよ~

来月のフリマお手伝い出来そうです。
ただ勤務の変更で先輩と話はできていますが、ただ今上司が先輩たちと冷戦中にて.......又近くなったら改めて連絡します~

室温なんて13度あれば南国気分ですよ。

そして果物の皮は乾燥させた後、捨てる前に晒袋に入れて入浴剤代わりにするんです。
これに向いているのは柑橘系ですが、生のままのリンゴの皮もなかなかいけます。
ミカンの皮を乾燥させたものは漢方で言うところの「陳皮」ですからね。身体が温まります。
なにもわざわざ「陳皮エキス配合」をうたった入浴剤を使う必要はありません。

暖房に関して言えば、我が家の熱源は主に猫です。
半纏をふわりと脚に掛けておくと猫が潜り込むので足元はそれで充分暖かい。
いわゆる「ネコタツ」です。
冷え込む夜は布団の中に自動的に猫が入ってきますから、これも暖かい。
脚に少々引っ掻き傷ができますが、それくらいのリスクは仕方ないでしょう。

私は体格が良いので標準体型の人よりも多分CO2を多く放出しているはず。
地球温暖化防止のため、なるべく熱源は自分か、猫から取るようにしております。
ちなみに一昨年の冬、旭川の知人宅に泊まったときも、部屋の暖房は切って寝ました。
頭がキンキンするほど冷えましたが、布団の中は体温で温まりますので大丈夫。

私は体質なのか、育った環境のせいなのか、自然の暑さ寒さに強いんですね。
有難いことです。

以上、エコに関心の無いkoroの、無意識エコライフの御紹介でした。

皆さん、コマメにやってますよね。

red様
室温17度の話は、今月号のグラフ青森(間もなく発売になるはず、多分)
にも書いたんだけど、厚着・厚靴下・ひざ掛け(あるいは膝犬か膝猫)
で、全然OKになりました。
ミカンの皮の肥料ですが、確かにそれが一番ですよね。
生ゴミ処理機で出た乾燥ゴミは全て肥料に使えるそうです。
やってみようかなぁ。
家の裏が夏は空いてるしね・・・。
フリマの件、サンキューです。
もう一人、手伝ってくれそうな人が出現したので、
無理なときはいいですよ~。

koro様
あなたの無意識エコライフで、ノーベル平和賞をねらえるんでない?
「日本のワンガリ・マータイ氏」を目指せると思う。
でも、ワンガリ・マータイさんも考えてみれば、かなりの体重。
人より多くCO2を出している反省から、「もったいない運動」を始めたのかもよん。

で、入浴時に使う皮で気になるのは農薬。
私もそれは考えたんだけど、どうしても農薬があるから
使うのをためらうのよ~。どうなのかしらん?
メタミドポスとか検出されてない? あなたの皮膚から。

農薬ごときでヤラれていては。

無意識エコライフはできませんですよ。
農薬、アレルギー、雑菌。
これらをやり過ごす大雑把な体質・意識作りが必要ですかねえ。

でもまあ、大雑把なわりにうつ病になった私や、
雑菌に侵されて心臓手術しちゃったうちのダンナみたいな例もありますから
誰にでも勧められる方法ではないですわな。

しかし私は猫アレルギーを自力で克服した女ですから、
精神面では弱くても、身体は順応性があるのかもしれないですね。
アフリカにいたときも泥水飲んでてなんともなかったですからね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。