スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『P.S.アイラヴユー』試写会見ました。

100円服 
一昨日、百円ショップで買った服を着ている由紀夫。何回、洗濯に耐えられるでしょうか?



なんと半年ぶりの外国映画。

考えてみたら四月以来、見たのは全て日本映画だったんですよ。
しかもそれで満足していましたので、
この映画が始まった時は、違和感があったくらいでした。
なんで、英語なの? 
しかも舞台がNYって、随分古い~みたいな。

そして今回、痛感したことは二つ。

一つ目は、ハリウッド物は皆、似通ったつくりだということ。
物語展開に淀みが無く、とうとうと流れていて、
日本映画みたいに、急に静止したり、飛んだりってことが
少ない気がしますわ。
定石に則り、観客が期待する通りに作られているという感じなので、
それがたとえサスペンス物であっても、
椅子に深く腰掛けたまま見ていられるんですよね。

そして二つ目は、
アメリカ女性にとっての「セクシーな男」は、
日本女性にとっては、「ただのオヤジ」だということ。
特に、後半活躍する「ウイリアム」という男が
眩しい照明をバックにして、ゆっくり振り向いた場面では、
「ゲゲー! この映画、お笑いだった?」
と思ったのは私だけでしょうか?

シネマディクトの試写会で、無料。
60点。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。