スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚花組公演、見ました。

秋の由紀夫 こいつにも、羽根飾りをしょわせてみたい由紀夫。



五所川原のオルテンシアで、宝塚を見ました。

『ベルサイユのばら』外伝 アラン編

本当に、宝塚はいつ見ても頭が下がりますわ。

劇団四季は、猿まね公演しかしない上、
激怒するほどつまらない芝居なのに、
宝塚は、全く独自の豪華絢爛路線を
誰に気兼ねすることなく暴走し続けていますよね。
その徹底姿勢ゆえ、客は飽きることがありません。
私、基本的に宝塚は好みではありませんし、
ミュージカルも嫌いなのですが、
徹底した「宝塚」という偶像の世界観には脱帽です。
五所川原の客でさえ、

「あっつぁ~、じょんずだもんだの~」
「わいは、きれだじゃ~」
「ほれほれほれ、こいだら、たいしたもんだ!」
「もう、こしたのだば、二度と見られねびょんさ~」

の連発で、後ろにいたオバハン達は、
公演中うるさいの、なんの。

中でも前から三列目に座っていたオバハンの一人は、
熱狂の余り、度々通路に飛び出し、
スターにさわろうとして、目立っていたわけ。すると
ついにクライマックスでは、トップスターの踊りに合わせて
両手を上げ、回転しながら踊り始める始末。
観客は舞台上のスターでなく、
通路で踊り狂うオバハンに注目してしまい、
爆笑の渦となってしまったのよね~。

それだけの力があるということでしょう、宝塚には。
終演後も、
「こいだら、安い! 6500円だら、安い!」
と口々に帰る客ばかり。
なんでも、宝くじ助成事業とかで、料金は
通常より安かったようです。
確かに6500円は安い。

ということで、100点。
五所川原オルテンシア夜の部、6500円。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。