スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たらふく食った由紀夫。

CIMG1883.jpg 「次はいつ、実家に帰るのかな~?」と思っている由紀夫。




靱帯を伸ばしてしまった御母様のお見舞いに、
本日、実家に行って来ました、由紀夫と。

そしたら御母様は、
由紀夫のことを、ちょっと毛深い孫だと思っているらしく、
「久しぶりだねぇ。ご馳走するよ~」
と、大喜び。まさに「熱烈歓迎」状態でしてね・・・。
由紀夫にとっては、まるで盆と正月が一度に来たような、
飲むわ、食うわの酒池肉林状態。

まず、栗の甘露煮を二~三粒。
小さな醤油せんべいを二枚。
「六ピースチーズ」を2ピース。
長十郎梨まるまる一個と、桃まるまる一個。
これだけで、人間でもお腹一杯ではありませんかぁ?

御母様は何を言っても聞かない人なので、
私も黙って見ていましたが、さらに、
「二階に行くと、ミルクもあるんだけどねぇ。」
と言うので、強く強くご辞退申し上げました。

ああ、恐ろしい。
義母と嫁が、孫の躾を巡って対立する事情が
よく分かりました。

こんなに旨い物を、しかも大量に食べたのは、
由紀夫にとって生まれて初めてなので、大変な興奮状態。
御母様がダッコしようとしても、大暴れしてました。
まさに「恩を仇で返す男」、罰当たりですよね。
でも、御母様がまた食べ物を出そうとすると、急に静かになり、
お座りして、ジッと見つめるんですよ。

由紀夫の食欲、底なしです・・・。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。