スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、腑に落ちた『山桜』

両親は野江をなぜ、磯村家に嫁がせたのか、わからない
と書きましたが、今わかりました。
磯村家は武士でありながら、権力におもねり、
蓄財に走る家。しかも、
浦井家(野江の家)より格下であるこの家に
野江を嫁がせた理由が、昨日はわかりませんでした。

理由は、お金ですよね。

野江は、最初の夫を病で亡くし、
磯村とは二度目の結婚。
磯村から縁談が来る前に、手塚(東山君)から
結婚の申し込みがあったものの、
「手塚家は母一人子一人だから、女には気苦労が多かろう」
ということで断わったと、野江の母(壇ふみ)が言っていました。
これは、手塚には経済的基盤がないという意味でもあるわけです。

母親役が壇ふみ、父親役が篠田三郎という、きわめて
善人顔の役者が配されていたので、
そこまで読めませんでしたわ。
ああ、スッキリした。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。