スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆が進んでいます!

やっぱり、ココに来ると筆が進むわ~。
書き直し作業が、もう直ぐ終わりそう。
由紀夫が傍に居ないのもいいのかも。
さっぱりするわ~。

原稿用紙150枚位の文章をを45枚位に縮める必要があったわけ。
これは、文章に思い入れがあると、
なかなかできないのよ。
それに、「聡子」にも思い入れがあるしね。

mackymouseさん、
「春の海」でなく「春の雪」ですね。
日本文学もたまにはいいものですよ。
特に外国人には、三島の話が受けます。
「ハラキリ」が衝撃的らしい。
さあ、貴方も読んで、
一緒に日本文学最大の謎を解こう!
スポンサーサイト

COMMENTS

あ!そうだった!

「春の『雪』」だった。アハハハー!
映画を見たのも、もはや一年以上も前だし、つい「豊饒の海」に惑わされてしまったわ。
読まないからすぐ惑わされちゃうのよねぇ。
やっぱり、読むべきかしら~。

姫さまへの思い入れは。

わたくしとて同じこと。
妹子様の胸中察して余りある蓼科で御座居ます。
しかしそこは心を鬼にして端正な姫さま像を構築して戴きとう御座居ます。
わたくしはもうお役には立てぬかもしれませぬ。
昨今腋の下に汗をかき、衣服が汚れて身体も臭うて参りました。

五衰まっしぐらの蓼科より。

おお!まさに五衰!

っていうか、ただ寝汗かいただけでないの、それ?
洗濯してください。とりあえず。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。