スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷い犬を捕獲!

わくわくらんどで
チャピーは苦手な由紀夫。




一昨日、由紀夫の散歩をしていたら、
首からリードを引きずっている白い中型犬がバヤバヤしているのを発見!
今時、犬がひとりで歩いているなんてありえませんよねぇ。

焦ってリードの端を右足で踏みつけ、犬を捕獲してみたものの、
これが、けっこう力の強い犬なんですよ。
右手には由紀夫も連れていたので、二匹同時に操るのにオロオロしてしまいました。

で、近所の人や、犬の散歩中の通りがかりの人に
「この犬、どこの犬か知りませんか?」
って聞きまくりながら歩いたんですけど、
不思議なことに誰一人知らないんですね。
せめて由紀夫一人でも、誰かが捕まえていてくれないかと、
通りがかりの小学生の2人連れに頼んでも、
「今、急いでいるから…」と、私を見捨てて
立ち去ってしまうではありませんか!
小学生に、何の急用があるっていうんだ!!

仕方がないので、
とにかく由紀夫だけでも、家の中に入れてしまおうと思い、
ふうふう言いながら、二匹を引っ張りつつ歩いていました。
すると、私の家のほんの手前のところで、
近所のミントちゃん(柴犬)とそのお母さんに遭遇!
ちょうど、夕方の散歩中だったわけ。

「あれ? 由紀夫君のお母さん!」
「あ、ミントちゃんのお母さん!」
「いつから二児の母になったんですか?」
「違うのよ! それがね・・・」
「え? そういえば、この犬には見覚えが・・・」

ということで、心当たりの家に連れて行きましたよ、その白い犬を。
すると、「チャピーの家」
と書かれたその家の犬小屋には、主がおらず、
小屋の脇に置かれたチャピー用のバケツの水を、
その白い犬は遠慮無く、ガブガブ飲むではありませんか。

「こりゃ、チャピーに間違いない」

ということで、何も知らずに
仰天していた飼い主に、無事、引き渡して来ました。

…ここの犬だったら、いつも由紀夫に吠えまくっていた犬だわ。
どおりで、二匹連れていた時、由紀夫がいやがると思いました。
言ってくれればいいのにねぇ、由紀夫も水くさいったら…。
「こいつは、あの嫌な犬だよ!」
って、知ってるんだったら、せめて一言、ねぇ。

それにしても、ミントちゃんのお母さんと遭遇していなかったら、
今頃私の家の中には、犬が二匹になってたかも。
しかも、仲の悪い犬が二匹・・・。
あ~。恐ろしい。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。