スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国集会、ありました。

6.7集会
「女性会議青森支部」の支部長さん、受けてました。

新聞で見たので、是非行ってみようと思いまして。
本日、青い海公園にて行われた

「6.7止めよう再処理!全国集会」

に行って来ました。
さすが、「全国」だけあって、
全国から人々が集まってきてましたわ。
今まで、疑問に思っていたことなども、

『再処理工場と放射能被ばく』(創史社)

の著者、山田清彦さん(会場で著書を売ってらしたので…)
に色々と質問してきました。

原発を止めるのは、現状では無理としても、
再処理工場だけは止めたいというのが、集会の主旨でした。

ところで「報道ステーション」の「再処理工場特集」中で、記者が
「再処理の技術は未完成だし、核のゴミの行方も決まっていない。
危険ではないのか?」みたいな質問をしました。

すると、原燃の職員はこう答えたんです。

「我々はこの事業を1000年の計と捉えている。
今の技術は未熟でも、将来は人類の為になると信じている」

1000年で技術を完成するつもりらしいけど、
100年後の日本は、人口が半分に減ってるらしいですよ。
電力ばかり増えて、電気使う人がいなくなるってことよね。
そして常に、「信じている」という表現を使うんですよ。
宗教だったんですね、原発って。
怖い~。



スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。