スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の貪欲ダンサーの巻

5月30
朝は動きが鈍い由紀夫。低血圧らしい。




Pink Tea Time 2008年5月号

五月二日
 さっき、幼稚園の先生が、由紀夫のお迎えにいらした。明日からの黄金週間、動物愛護センターの催しに、またまた由紀夫が出場するという。
「その最後の練習がこれからあるので」
と、わざわざ家まで迎えにいらしたのだ。
 ご存じの方も多いと思うが、なんと由紀夫は「踊るイヌ」。「ドッグダンシング・チーム」の一員らしい。「らしい」というのは、犬が踊るなど、にわかには信じがたく、実際私は由紀夫の踊りなど、見たことがないからである。
「なぜ見に行かないのか? 保護者なのに」
 と言う人もいるが、ダンスの催しは日曜に開催されることが多く、日曜は仕事があり、私は行けないのである。
とにかく由紀夫は幼稚園で、先生の言うことはよく聞くらしいが、家に帰ると私の言うことは決して聞かない。
そもそも踊りが踊れるなら、家で私にも進んで踊りを披露し、飼い主に普段の感謝の意を表したらどうなのか。
「お母さん、今日もお仕事ご苦労様でした。さぞやお疲れでしょう」
と、せめて一言なぜ言えない。毎月の幼稚園代を滞納することなく払っているのは、一体誰だと思っているのか。 
それなのに昨日だって散歩中、
「伏せ!」
 と言っても、由紀夫は明後日の方角を見て知らんぷりだった。「お座り」までは気乗りがしない様子で渋々やるが、「伏せ」は何度言ってもやらない。
「おかしい…。そういえば最近やってなかったから、忘れたのか?」
 と思い、家に帰って餌をやる前に、もう一度やらせてみた。
 すると、どうしたことであろうか。
「伏せ!」と聞くなり由紀夫は目を血走らせ、電光石火の早さで「スタッ!」と何度も「伏せ」をする。「お座り」から「伏せ」、「伏せ」から「お座り」と、自由自在に技を組み合わせて披露するのである。
実は「お座り→伏せ(前足を前に移動し、腹を地につける)」は、結構簡単に出来るらしいが、「伏せ→お座り」は難しい技だという。通常の犬に出来る技ではないのだ。
由紀夫はその難しい技を容易(たやす)やって見せたばかりか、頼んでもいないのに「トリプルルッツ」や「ダブルアクセル」などの大技を、クルクルクルリッ!と次々披露するではないか。口から涎、鼻から鼻水をミサイルのように噴射しながら、何度も回転するのであるが、その時も、私が手に持った餌の食器からは、片時も目を離さないから本当に不思議だ。
フィギュア選手は回転するとき、身体は回転しても、目線は常に一点を見ているという。これは目を回さないためで、よって頭だけは最後に一気に回転させるのだが、由紀夫の技もその法則に則っている。身体は回転中でも、そのギョロ目は常に、餌の食器を凝視しているのである。
散歩中は、私が餌を持っていないので、「伏せ」をしなかっただけである。

五月三日
それにしても本当に凄い。
確かにこの連続した大技を披露する由紀夫は「踊るイヌ」だ。幼稚園の先生は、この食欲に由紀夫の才能を見出したのであろうか。
実は私、由紀夫の「踊り」をテレビでは見たことがあるのである。去年NHKの地方番組に、「サプライズ・ゲスト」として生出演したのだ、幼稚園の先生と一緒に。
そしてその時、私は本当に「サプライズ!」した。
「こ、これが『踊り』かぁ…?」
 …由紀夫は餌が欲しくてパタパタしているだけであった。
先生をギョロ目でジッと見つめ、前足をパタパタと何度も振ってみせる由紀夫。先生の股の間を、八の字を描きながら潜る由紀夫。そして先生の周りをクルクル回る由紀夫…。
その由紀夫の視線の先には、常に先生が手にした「餌」があった。一つの動作が終わる毎、先生は由紀夫の口に餌を入れるのである。
時々運悪く、餌が由紀夫の口からこぼれ落ちる事もある。その時由紀夫は、もう先生など見ちゃあいない。踊りを中断し、床に落ちた餌めがけてダッシュしているではないか…。
恐るべし、由紀夫。
動物愛護センターで、またどんなオトボケぶりを見せるのだろう。うーむ…。

五月四日
 ところで、最近の「実践! 今すぐ君でも出来るエコ」情報をご提供したい。
 ゴミ出しは現在、一月一袋で順調に進行中だ。一昨日は三十一日ぶり、その前の月は三十三日ぶりにゴミ出しをした。やれば出来るということである。

[1]ケーキ買うのに、箱と袋持参。
 最近私のバックにはいつも折り畳んだケーキの紙箱が入っている。買ったケーキは、勿論それに。最初は驚いていた店員も、今は普通だ。どのケーキ屋でもやってくれる。

[2]弁当のおかずは仕切らない。
 アルミパックやプラスチックの仕切は使わず、そのままおかずを並べる。海苔やレタスを仕切にすることも。

[3]サンドイッチは紙ナプキンなどで包む。
 アルミやラップ使用は極力避けるように。

[4]セロテープも半分以下に。
 これは職場で。無造作に長く切って使っていたセロテープも、必要最小限しか切らない。

[5]お風呂は二日に一回。
 私は、毎日入らないと気が済まない人間だった。洗髪は二~三日に一度だったが。
これを実践したきっかけは、求職中だった友人の一言。
「働いてないなら、風呂は二日に一度にしろと親に言われた」
 その時、ハッと気づいた。毎日お風呂に入るのは実は贅沢だったということに。
 お風呂に入らないと気持ち悪いような気がしていた私が、実行したら何ともない。考えてみれば当然だが、本当に人間の思いこみというか、奢りというか…。かえって、時間に余裕が出来、OK牧場に。

[6]シートベルトを締めてからエンジン始動。信号待ちでエンジン停止。
 今までは乗車したら即エンジンを掛け、その後シートベルトを締めていたが、その数秒もガソリンを燃やしていることになる。
 ついでに、エコドライブを調べてみたら、「信号待ちでエンジンを切る」という方法を発見した。
なんでもエンジン始動で消費するガソリンは、五秒間エンジンを掛けっぱなしにした時のガソリンと同量なのだとか。つまり、信号待ちで五秒以上エンジンを止めたなら、切らないでいた時よりガソリンの節約になるということだ。とりあえず私も実践中。ヤマト運輸の運転手は、かなり前からエコドライブだそうで、是非研修に行きたいと思っている今日この頃だ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。