スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物言わぬ人々。

5月29日758
「日活ニューフェイス」に応募したい由紀夫。



映画『靖国』の上映妨害にも関係していますが、
「ニュース23」で、「もの言わぬ人々」という特集が
最近、シリーズで放映されました。
自分の意見を言わない人が
昨今増えているという趣旨の報道でした。

本当に恐ろしいことですが、私もこの傾向があるということに
関しては実感しているんですよね。
物を言えば、何らかの危害や、
自分の安定した生活に不都合があると思っているのでしょう。
実際問題、そういう人もいるでしょうから、
ある意味、仕方なく「もの言えぬ」人々もいると思います。

とはいえ、私は選挙に行かない人が多いことに愕然とするんですよ。

だって、選挙は民主主義の基本です。
その選挙に行かないということは、
民主主義の根幹を揺るがすということにつながるわけです。
奴隷制度や、共産主義を支持するなら、それでいいんですけどね。

「選挙に行く人って、世の中をそれで変えることが出来ると思っているらしいけど、
それって、考えが古いよね~。六十年代じゃあるまいし。
だって世の中、選挙で変わるわけないじゃ~ん」
などと、言う人もいますから、びっくり。
そう言う人に限って、世の中に不平不満があったりするんですよねぇ。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。