スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと見ました! 『ブロークバック・マウンテン』!

由紀夫礼拝中
                  アラーの神に礼拝中? 眠る由紀夫



ホモ映画好きの私なのですが、なぜか今晩、ようやく見ました

『ブロークバック・マウンテン』。

いやあ、気持ち悪い映画ですねぇ、勿論ラブ・シーンが。

でも、なかなか心に残ります。
異端であることの苦悩が、
大自然(何が「自然」なのか、考えさせられますが)の途方もなく
美しい風景の中に丁寧に描かれていくわけですね。
オオカミに無惨に食わてれしまった羊の死骸が、
登場人物と重なってゆき、結末を暗示する構成も巧みです。

それにしても、特筆すべきは「血染めのシャツ」。
まるで、高校生が卒業式で先輩からもらう
「第二ボタン」ですよねぇ、これは。
アン・リー監督は男ですが、やはり、男って甘いよね。
ロマンに浸りたいわけですね、結局は。

私が急に、「この映画を見なくては!」と思ったのは、
先日、主演のヒース・レジャーが28歳で急逝(今年1月22日)したことの他に、
愛するトニー・レオンが出る『ラスト・コーション』(明日から公開)の監督が
アン・リーだったから。
多分、アン・リー作品を見るのは初めてだと思うんだけど、
楽しませていただきました。

『ラスト・コーション』も楽しみですね。
ふっふっふ。
スポンサーサイト

COMMENTS

私も見たような気がする。

自分のことなのに、見たような・・・というのも変ですが、見たと思うんだけど、よく覚えてないのよ。
NYでTVで見たはず。
ジェイク・ギレンホールがちょっち好きなので、見たはず。
でも、字幕なしの英語で見たから、なにやらよく理解できず、そして途中で寝ちゃったのよねぇ。きっと!
そっかぁ、心に残るのね。
ヒース・レジャーも亡くなっちゃったし、私も見てみようかなぁ!

いい忘れました。

毎度、毎度の由紀夫、ちょーおもしろ~い!
妹は不細工でかわいいv-352と狂喜乱舞しております。

見て損はないよ。

確かに、字幕無しなら眠くなるかも。
場面展開も早くないし、ヒース・レジャーは無愛想な役所だし。
きっと、肝心のラブシーン前に眠りについたんでない?

そして由紀夫。
不細工というだけで、芸になってるって凄いよね。
これからどんな不細工ぶりを見せるか、お楽しみに~。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。