スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『就活のバカヤロー』読んでます。

5月3日


『就活のバカヤロー』
石渡嶺司・大沢仁共著
光文社新書 820円 2008年11月


読んでます。
考えさせられます。

今や、大学三年生秋から就職活動をしなくてはならず、
そのおかげで、ろくに勉強が出来ないという、本末転倒の大学。
1995年以前は、大学四年の夏がピークだったのに。

また本来、大学には就職斡旋という仕事は無なかったのに、
今や東京大学でも「キャリアサポートセンター」という名の
就職斡旋事業をせざるを得ないという現実。
就職率が上がらないと、学生が集まらないからです。

でも、キャリアセンターに通う、就活に熱心な学生は、
「自分は納豆のように粘り強い人間です」
という参考書そのままの回答しかしない、ウスラ馬鹿が多いらしい。

ところが、慶応大学だけには、未だ「キャリアセンター」は無く、
それゆえに、大企業から引っ張りだこなんだって。

実は、慶大生の「無意識下の就活」は、OB・OGが担っているんだって。
慶大は「ゼミ」活動が盛んで、それは他大学のゼミとは違い、
OB/OGが頻繁に出入りして、後輩を指導する研究会。
現役学生は、バンバン先輩に怒鳴られ、叱られて
強く、大人として成長していくそう。
こうやって、学力とコミュニケーション能力が鍛えられるから、
付け焼刃の就活などしなくても、充分魅力的な人材が
出来上がるらしいのです。
自分とは違う世界の人と交流して叱られることが、成長の糧となるわけです。


しかし、振り返って現実はどーですか。
子供の言いなりになる親。
ネット依存の子供。
ネットだと、自分の嫌いな人々との交流は拒否できるから、
ネットと現実社会とは全く違うんだよね~。

う~ん。

スポンサーサイト

多肉植物、はまってます。

多肉

最近の楽しみは、多肉植物の育成。
多肉植物って、例えばサボテンなどの類ですね。
今、家にあるのは、棘のない物が多いので、
サボテンというのも語弊がありますが。
写真にあるようなのが、多肉植物です。

多肉2


きっかけは先月。
中三デパートの催事で多肉植物の小鉢を三つ買ったこと。
水遣りは、「冬なら一月に一度でいい」
と言われたので、これなら私も育てられると思ったわけ。

多肉3

寄せ植えの鉢を買ったんだけど、あんまりかわいいから、
ついつい、通販でも買っちゃいました。
パソコンを使う人とか、多肉を近くにおいておくと
癒されるらしいよ~。

津軽弁でもてなし?

CIMG2073.jpg
今日は梅子様からチョコレートと柿の種を頂いた由紀夫。だから、来客があると大騒ぎする男です。



最近、新幹線も青森まで開通して、
「津軽弁で旅行者をもてなそう!」とか言われてるよね。

ばっかじゃないの。
そんなの当たり前なのよッ!
私は、以前から、マスコミ人にも言っていたわけ。

「地元のテレビ局なら、方言が標準語だと思って放送して欲しい。
ニュースだって津軽弁でいいんですッ!」

ご存知の通り、私は世界中、どこに行っても津軽弁。
それで通じなかったことは一度もないわけ。

私はラジオでも津軽弁。
口癖は 「んだ~」 。

先日、全国版のテレビ番組でも「注目される方言」という特集が。
その中で、津軽弁の誤認例が出てきました。以下がそれ。

ある西津軽郡の病院で、実際あった話。

 医師 「他に痛い所はありますか?」
 老爺 「ボノゴガラヘナガイデ」
 医師 「ほほ~。お盆の頃から、背中が痛い・・・と(カルテにメモ)」

幸い、津軽出身の看護師が
「先生、『首の後ろから背中にかけて痛い』と言っています」
と修正したそう。

また、これも実際の話。
 
 医師 「では、今日は眼底写真、目の写真を撮りましょう」
 老爺 (うなづいて、上の服を脱ぎ始める)
 医師 「?」

この時、テレビでは、「患者は‘目’を‘胸’と聞き違えた」と
コメントしていましたが、これは間違い。
患者は、‘目(メ)’を‘メ(前)’だと思ったんですね。
津軽弁では、「前」=「メ」と言い、「お前」=「オメ」ですから。

この話を今日、知人Aさんにしたら、
彼女は、お母さんに、
「マッサージしてあげるけど、どこが痛い?」
と聞くと、

「くぴたやめで!」

つまり、

「首が痛くてかなわない」

という意味ですけど、まるで、
「(マッサージは)やめてくれ」
と言っているようですよね~。

奥が深い、津軽弁・・・。
 

またまた、友人結婚。

CIMG2077.jpg
由紀夫。お前はいつも主役だ!



友人がついに結婚するという報告がありました。
しかもこの一週間で、二件!
さらに、去年結婚した友達が、
海外で子供を生んだという連絡もあったばかり。

いいですねぇ。
私は早速披露宴出席のため、美容院の予約を入れました。

次の主役は、私だ!

という意気込みで、がんばりましょう。
日本婚活党の諸君!

婚活党の活動として。

CIMG0956.jpg



今日、日本婚活党の党員T女史からの報告。

「婚活党に入ったはいいが、取り立てて今、活動がないから、
とりあえず、自分の電話に出るときに、

『ハイッ! ニッポン婚活党のTでございます!』

と、言っている」

だそう。
素晴らしい!
なんという自主的な活動でしょうか!
それでこそ、日本婚活党の党員よ!

それにしても、とにかく実績を作らないと・・・。
誰か、党員になった人に、すぐ結婚してもらいたいわ!

『偽善エコロジー』読みました。

CIMG2052.jpg


『偽善エコロジー』「環境生活」が地球を破壊する
 武田邦彦著 幻冬舎新書740円 2008年刊

金儲けと省益にまみれたエコ事業・商品にダマされるな!





読みました。
武田邦彦って、さんまのテレビ「それ、ほんまでっか」だったかに
出ている人だよね。
『環境問題はなぜウソがまかり通るのか 1・2』
『リサイクルの幻想』
も書いています。

私は当然、環境問題には興味があるけど、
一体何が本当なのかよく分からないわけで、それが大問題なわけね。
目下のところ、

 ①本当に地球が温暖化しているのか?
 ②もし本当に温暖化しているとして、
  その原因の多くは、本当に二酸化炭素なのか?

ということが、私の問題意識で、

『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆著

は、大変興味深く読んだことは、前にも書いたとおり。
この武田邦彦のこの本は、上記の①②に関しては、
厳しく言及・追求していませんが、

①に関しては、
「日本人がどんなに努力しても地球温暖化はやってきます。」(63P)
②に関しては、
「二酸化炭素が増えれば、温度が上がるというのは、変わりありません」(64P)
と書いているので、
「地球温暖化説」と「二酸化炭素原因説」を支持する立場といえましょう。

とはいえ、現在、我々が正義と思ってやっているエコロジーは、
全くエコでない!というのが持論。
そして、

「レジ袋を使わない」「マイ箸を持つ」は「ただのエゴ」
「古紙・ペットボトル・食品トレイ・空き瓶のリサイクル」は地球に「よくない」
「ごみの分別」は「意味なし」

と、切って捨てています。
武田によると、「ゴミは金属とそれ以外に分けるだけでいい」そう。
それ以外は、家庭で分類しようとしても正確には分類できず、混ざってしまう。
処分場で分離できるし、一気に集めたほうが合理的。
なぜかというと、ゴミを分類すると分類した種類だけの回収車が必要になるから、
手間もエネルギーも無駄なんだそうです。

ちなみにペットボトルは、リサイクル法が制定されてから、
急激に消費量が上がっている。
しかも、武田の調査によると、
ペットボトルがリサイクルされているのは回収した量の5%。
それ以外は、捨てられたり燃やされたり、違法に外国に流れたりしているのだそう。
(160P)

無意味なリサイクルより、物を大切に使う心を。
そして、
「自治体と業者を野放しにしていいのか」
という義憤をぶちまける武田。
もう、増税しか国家予算確保の道はないみたいな社会の流れだけど、
このエコロジー関連の無駄金は、かなりの額になるかもしれませんねぇ。





『GANTZ』見ました。

気取っている由紀夫


『GANTZ』
二宮和也  松山ケンイチ主演

今日は土曜日だったため、映画館は大入り。
四分の三は埋まっていたかも。
しかも、中高生含む家族連れが多く、
こんなの親子で見てどうするんだ!
と、違和感を覚えたのは私だけでしょうか。


まあ、漫画の実写だから、この程度じゃないの。
導入部分は、スプラッター映画がダメな人は見ない方が無難。
最初の10分くらいは、
「見るんじゃなかった」と後悔したわけ。
だって、汚いよね~。

その後の刺激は、たいしたことないですが、
主役目当てでない私は、特に見る必要がなかったわ。

タダで見たことが救いかな~。


45点。
コロナワールドのポイントで無料。

人生満足度。

つん
毎日が能天気な由紀夫。



今年の初め、あるセミナーに参加したとき、
「人生満足度グラフ」って物を書かされたわけ。

縦軸が満足度で、目盛りが、確か下から、
 マイナス100% → 0 →プラス100
もちろん、横軸は時間で、一番左から
 0才 → 現在

つまり、その時の自分の人生満足度を線で繋いだ線グラフなんです。
満足度が高いほど、上半分のプラス部分の面積が広くなるのは、
お分かりいただけますでしょうか。

そのセミナーでは、二人が組になります。
そして各自書いたグラフをお互いに見せ合い、
相手に自分の人生を説明するんだけど、
これで、ある傾向が鮮明に分かってきました。
それは、

「男の人生満足度は、総じて高い」

ということです。
しかも、それが、個人的家庭環境に左右されることが少なく、
仕事環境に左右される傾向が強いのです。

実際、このセミナーに出ている人は、
安定した職業人が殆ど。
だから、満足度は高いのかもしれませんが、
女は家庭環境にかなり左右され、
悩み苦しんでいるのに、
男はそんなこと、あまり考えていないらしいんですよ!

実際私のグループは男三人、女三人。
男二人は妻子持ちで、一人は三十代独身。
そして彼ら三人とも、人生満足度は安定して高い。
女三人のうち、二人は私含めて離婚暦アリ、一人はずっと独身。
離婚暦アリの女二人の人生満足度は、上下のブレが激しく、
疾風怒濤の跡を示すグラフでした。

どーですか、これ。
男の鈍感力と能天気ぶりが明らかになった
あるセミナーの出来事でした。




NOZACC最新号。

伸びる由紀夫


青森市内のフリーペーパーNOZACC最新号が明日、発行に。
今月の「あったらいいなと思うもの。」は

「由紀夫のイビキを止める薬」

要チェック!


ところで、今回のNOZACCのお店紹介は、
新町のインドレストラン「taji(タージ)」。
去年11月オープンというから、私は行ったことないはずですね。
ただ、他にも似たような店があったよな・・・。

とにかく、昨日のブログに書いた「PREM(プレム)」と
同じような店には違いありません。
写真に出てくるセットも、ほぼ同じような内容なので、
なんという偶然でしょうか。

ちなみにこの店は日本語が通じるのでしょうか。
そこが問題。



本場インド料理。

110105 005
カレー二種のセット。


110105 006
このセットの、ナンは食べ放題。



本場インド料理 プレム

サンロード青森三階にあり、インド人(?)がやっているお店。
しばらく前に行った時の写真なので、
値段など忘れてしまったのですが、
これは、確かその時期のスペシャルセットでした。
1000円前後だったかなぁ。

どれもそれなりにおいしかったけど、
特別気に入ったのが、ナン。
このナン、さめてもおいしいんですよね。
一枚でおなかいっぱいになるけど、
おいしいので二枚目を頼み、あまったのをお持ち帰り。
翌日食べたんだけど、うまかったわけ。

ランチバイキングは1000円ですが、
私は、写真のセットを頂きました。

この店の難点は、食器が金属なので、冷めると味が落ちることと、
店員にほとんど日本語が通じないこと。

日本語の勉強、してくれないかしら。



ホリデーランチバイキング!

座椅子
最近、りんごを食べているせいか、便の通りがよろしい由紀夫。



最近、気に入っているランチが
カフェレストラン「kukka」(クッカ)の
ホリデーランチバイキング 大人1380円
(土日祝限定 11:30~14:00)
 
青森市の国際ホテル1階にあります。

料理・デザートが二十種類以上だそうだけど、
味もなかなかだし、週末デートなどに使えます。

肉、魚、野菜、果物、お米、パスタなど満遍なく揃っているし、
ケーキ、プリンなども数種類。
休みの日に朝ごはん抜きで行って、
誰に気を使うことなく、たらふく食べたいって感じよ~。
ランチだと太らない気もするしね。

以前、マンスリーランチとレディースランチを食べたけど
いまいちでした。
でも、このバイキングは合格。

難点は、14:00になったら、容赦なくさっさと片付けちゃうとこですね。
先日は、13:40くらいに入ったら、満足に食べられなかったわけ。
お客さんが私たちしか居なかったせいか、
ウェートレスが断りも無く、次々料理を下げていったのには参ったわ~。
その前は、「これでラストになります。お料理、もうよろしいですか」
とか聞いてくれたのに~。

そこが、要注意です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。