スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炊飯器ケーキ、調理中。

P1000496.jpg
食うとすぐ高イビキで寝るので、「牛になる」と言われている由紀夫。



今、炊飯器ケーキを制作中。
ひところ流行ったよね、炊飯器料理。

雑誌で見て、「簡単そう」と思い、先週
チーズケーキを炊飯器で作ってみたわけ。
ゴールデンウィークでお金を使っちゃって、
お菓子を買うお金も節約しよう!
というもの、大きな動機の一つだったわけね。

でも、食べてみたらまるで味がない・・・。
ただ、豆腐を蒸したような物体が出来上がってしまったのよ。
仕方ないので、一人で全部食べたけど。

今回はその反省を踏まえ、
砂糖とレモンの量を若干増やしてみたわけ。
懲りるどころか、
「なんとか美味く作りたい!」
っていう闘志さえムラムラと燃えてきちゃって。

でも、できあがりが楽しみなような、恐ろしいような~。

スポンサーサイト

続・40過ぎの独身男って。

P1000507.jpg
煮干しの前で「待て」をしている由紀夫。



これは、別のアラフォー女性が経験した実話。
婚活で知り合った二人の男との間に、こんなことがあったという。

★その1
相手は、40代男性。
お好み焼き屋で、ご飯を一緒に食べたときの話。

女「ぶた玉、えび玉、イカ玉。三種類、頼みません?」
男「いえ。まず、ぶた玉を食べ終わったら、次を注文しましょう」
女「え? いろいろ、一度に食べてみたいんですけど」
男「食べ残したら、お金の無駄でしょう?」
女「・・・・(無言)」

結局男は、一種類ずつ順番に注文するというスタイルを
最後まで貫徹したという。

★その2
相手は40代男性。
当然だが、女性は「婚活」の旨を相手に告げていた。
六ヶ月ほど付き合ってから、煮え切らない男の態度に、
「結婚前提の付合いなのか、今日こそ教えて欲しい」と言うと、
男は逃げ続けたという。
ようやく捕まえて話すと、

男「今、結婚はしたくない。
  でも、孤独死したくないから、いつかは結婚したい」

今までも4人の女性と付き合ったが、
皆、結婚を切り出したので、同様の答で別れたという。
この男の「今」は、一体何十年続くのか?


どうですか、これ。

40過ぎの独身男って。

P1000493.jpg
 今日も、しつけ教室のデモンストレーション犬をやった由紀夫。 外面はいい。


知合いのアラフォー女性(マスコミ関係)がお見合いした時の話。

★その1
相手は40代男性、マスコミ関係。
「同じ職業だから、話も合うと思う」という男性側の希望で、
会うことになったという。
お見合い当日の会話。

男「結婚後は仕事を辞めて、僕の親の面倒をみてほしい」
女「私が退職しても、家族を養えるのか」
男「・・・・・(無言)」

男「マヨネーズはいつも、味の素だ」
女「うちはキューピー」
男「味の素に変えてくれないか」

★その2
相手は40代男性。
お見合い当日の会話

女「休みの日は、ドライブとかしてどこかに行きたいですね」
男「疲れているから、あまり出掛けたくない」
女「・・・・(無言)」


う~ん。
どうですか、これ。

「ホモ」で、意見が一致。

P1000494.jpg 
今日、コイツに顔をひっかかれ、大切な顔にミミズ腫れが…。
恩を仇で返す男、由紀夫。 ようちえんで何を習っとるんじゃ、オリャ~!




今日、大学で、三島由紀夫の勉強を久しぶりに再開。
Y先生に、『奔馬』の構成表を見て頂きました。

それにしても、小説の解釈はそれぞれですね。
私は、この『奔馬』を一文で要約するなら、

「純粋な死」に憧れた青年が、その憧れを実現させた物語。

だと思うんですよね。
でも、Y先生は、

「夢を実現できずに死んだ青年の物語」

だと思ったと仰る。そして私は、
槇子が勲をコントロールしていて、
勲を手に入れるために
勲のテロを密告し、投獄に導いたのだと思うのですが、
Y先生は、それに疑問を持たれる…。
う~ん。
この解釈の対立をどう導くかを考えていくと、
綺麗な答が出てくるんですよね。今までの経験からすると。

いずれにしても、
物語の語り手とも言える本多繁邦は「ホモだった」
という点で、二人の意見は珍しく一致しました。
めでたしめでたし。

いや、実は全くめでたくはないわけ。
Y先生は、

「今の状況なら、論文は書けないね。
次に来るときは、もっと方針を固めてきて」

と、鋭く仰る。
すみませ~ん。トホホホ。





電話番号を言え!

P1000497.jpg 浮き輪にすっぽりはまっているような、由紀夫。



2~3ヶ月前から、家の電話に残っている留守番電話メッセージ。
「A社のT」さんと言う人からの伝言なんだけど、
これがまた、激怒なわけです。

3月頃だったかしら。

「大野様にお送りした○○プレゼントが、返送されてきました。
折り返しご連絡下さい。A社のTです。」

っていう伝言が2,3度録音されていました。
でも、連絡先の電話番号を言わないわけ、一度も。

確かにA社から通販で、ある物を買ったけど、
単なる通販だから、前に電話で話したことなんか一度もない。
しかも、常に私が仕事中である平日昼に家に電話してきている。
だから、当然私は電話に出ないよね。
ナンバーディスプレイの機能はないし。

しかたないから、
一生懸命A社の電話番号を探して電話してみたわよ。
一ヶ月前くらいの、平日の昼に。
そしたら繋がらない。誰も出ない。
仕方ないので、そのままにしておいたんだけど、
今日また、同じ内容の留守番電話メッセージが。
しかも、やはり、
「A社のTまでご連絡下さい」
って言っておきながら、電話番号を言わないわけ。

ああ。

こういう頭の悪い人とやりとりするのは、
時間の無駄。
頭は帽子を被るためにあるんじゃないんだよ、
と言いたくなるのは、私だけでしょうか。





次のRABラジオは。

P1000484.jpg
次のRABサタデー夢ラジオ出演は、
6月5日になりました。

詳細はやはり未定。
7月1日はスガシカオコンサート(NHKホール)に行く予定なので、
その後のラジオでコンサート報告は絶対したいわ~。

でも6月は?
やはり、三浦春馬出演CMの
ヒロイン選考途中経過かしら?
勝手に考えるには。

酢ですすぐ。

P1000492.jpg
昨日の「犬のようちえん」ブログでも、ストーブ前で寝ていた由紀夫。
怒り心頭。もう退学させるぞ、オリャ~ァッ!




洗濯物が乾かない季節。
この時期、私が洗濯で重宝してるのが「酢」なんですよ。

2,3度洗っても、汗くさい臭いが消えない洗濯物が、
毎年この時期になると、出てくるわけ。
(私は、柔軟剤を使わないのが悪いのかもしれませんが。)
ところが、一度軽く酢ですすぎ、その後もう一度軽くすすぐと、
臭いが消えてしまうんですよね。

使っている酢は、
青森市内の小柳で製造しているらしい一升瓶入りの酢で、
値段は確か328円(位)。
安いから、どぼどぼと惜しげなく使えるし、
一升瓶だからゴミは出ない。
実は私、これを料理にも使っているわけ。
だから、洗濯用の洗剤類も増えずに済みます。

この酢、どんなところで作られているのか、
その正体を探りたいと思い続けているのですが、
そう思ううち、十年ほどが過ぎました。
うちからそんなに遠くないところに、
酢の製造所があるなんてね~、不思議。



ベッドの洗濯。

P1000485.jpg 朝飯後、ようちえんに行く前の由紀夫。登園前のひとときでも、爆睡できるのが凄い。


例のドンキベッドを、昨日洗濯しました。
三個あるうちの二個を。

それがまた、ひどいんですよ、このベッド。

縫い方が超適当で、
一週間で縫い目が解(ほつ)れてきたわけ。
そして縫い目の解れはドンドン広がり、
中から綿がベロベロと出てくるんですよね。
さすが、1500円。確かどこか東南アジア産。
一週間しか持たないとは、安いだけのことはあります。

で、洗濯をすると、ますます中から綿が出てくる。
もう、縫い目の半分以上が解れてきたので、
天日で渇かしてから、長時間かけて縫い直しました。

今、由紀夫は気持ちよさそうに
綺麗になったドンキベッドで寝ています。
こいつ、本当に優雅だよね~。



猫のチョビ。

P1000490.jpg


行きつけの美容院で飼っているチョビ。
完全な家猫だそう。
こうやって外を眺めている姿も、絵になっているよね。
う~ん。
猫って貴族っぽい。
それに比べて由紀夫は・・・。

うるさくて、動きがガサツ。
余裕がない下層階級って感じの下品さですね~。
イビキは酷いし、食うことしか考えてないし。

迷い犬のお知らせ。

P1000488.jpg

P1000489.jpg

チャピーという15才の犬が、行方不明。
「探しています」の広告を
由紀夫のようちえんの掲示板で見つけたので、
皆さんにもお知らせします。

チャピー。
聞いたことあるような名前だわ~。

情報がありましたら、宜しく。


散歩、二時間。

P1000486.jpg 雨に打たれたももちゃん。東屋で一休み。
       


最近、散歩の時間が長い!

暖かくなったので、由紀夫の散歩も長くなり、
朝15分、夜30分くらいになりました。
冬は朝1分、夜3分だったんですけどね。

由紀夫も長くなったけど、ももちゃんも一度行ったら
最低40分はかかります。
(ももちゃんは、ご近所の飼い犬)
昨日も行って来ましたが、合計時間は40分で、
三日前はなんと50分くらいかかりました。
だから三日前は、由紀夫の散歩と合わせて、
合計二時間は歩いたんですよね~。
昨日も一時間半は歩きました。
それらの疲れが今日、どっと・・・。

歩くのは体型と健康の維持にいいらしいですから、
ももちゃんの散歩は、
フィットネスクラブ相当の価値があるわけです。
フィットネスクラブには毎月8000円くらい支払うけど、
ももちゃんは無料。
しかもボランティアだから、ご近所に喜ばれる。
私は太らない、ももちゃんも大喜び
ということで、一石四鳥。

実は私、結局2月に入会したGフィットネスクラブを
一ヶ月で退会。
結局通う時間が作れなかったので、
早々と諦めたわけです。
その分、犬とのウォーキングに精を出さなくちゃね~。

夏は体型をごまかせないので、
頑張ります。




名前、決定!

P1000477.jpg 今日、このドンキベッド二個の洗濯をしました。全部で三個あります。


松子様の犬の名前が決定。

「ピョル」

何それ? と思いましたが、
ハングルで「星」の意味だとか。

「マル」にしようと思っていると松子様が言うと、
お母様が、
「あまりにダサイ!」
と反対したそう。
で、「お母様にお任せします」と言い残して帰ったら、
翌日、紙切れに「ピョル」と書いて寄越したそうです。
最近、梅子様も韓ドラにはまっており、ハングルを勉強しているほど。
その梅子様と、
韓ドラマニアの大御所であるお母様の協議の結果なのかしらん?

松子様が電話でぼやくことには、

「ピョルが、暴れん坊将軍で困っている」

物は噛むわ、ブルブル振り回すわ、
松子様の指は噛むわ、オシッコはそこら中にするわ…
の非常事態宣言で、オムツははずせないんだとか。

「でも、うちのピョルは頭がいいよ」

と松子様。

「今、ピョルが匍匐(ほふく)前進しているわけ。
なんとかオムツを外そうと、工夫しているんだねぇ」
「・・・・・」

既に親ばかです。



『修学旅行』見てきました。

P1000483.jpg

演劇『修学旅行』
作・演出:畑澤聖悟
渡辺源四郎商店演劇公演
青森市民ホール 18:30~

★物語:舞台は沖縄県内のとある旅館。青森の高校生が平和学習も兼ねて
修学旅行にやってくるが・・・。
★作品解説:劇作家畑澤聖悟が当時顧問を務めていた青森中央高校の演劇部に書き下ろし、2005年全国高校演劇発表会で全国一になった作品。その後、毎年全国の中高演劇部20校以上で上演されている。


以上、解説は本日のパンフレットから要約しました。

私もいつか見なくてはと思いつつ、ようやく今日見てきました。
演じたのは、高校生でなく、青森市を根拠地とする劇団です。
今回は、青森中央短期大学開学40周年記念ということで、
無料の公演でした。
客席は学生や関係者で二階までいっぱいでしたね。
これほどの集客力とは、驚きです。

そして内容も、この観客に応えるものだったと思います。
役者も元気でテンポがよい。
演出も上手いです。
若い学生中心の客は、かなり喜んでいましたからね。

声が小さくて聞き取れないところが多かったのは、残念。
早口すぎてわからないところも多数でしたが、
この早口は「テンポ重視だから、それもアリ」
という演出の判断だと思いますが。

ただ、私の思いこみで、
もっと「反戦的なメッセージ性が高い作品」と思いこんでいたので、
肩すかし。
日常の一場面を切り抜いた、
という内容は、この作家の得意とするところなのでしょう。





『ハートロッカー』見ました。

草を食う
なぜかこの草を、必ず食べる由紀夫。美味いのか?


アカデミー賞作品賞だそうだけど、なんでまたこれが?
悪い映画じゃないけど、
これが特別、アカデミー賞で六部門も受賞する映画かと言われれば、
別に・・・。

「戦争は麻薬だ」という最初の誰かのメッセージが
全てを象徴している気がします。
戦争のための戦争、ですね。

しかも、「何のための戦いか」という本質的な部分が欠落していて、
戦闘が、「ただの(金稼ぎのための)仕事」になっている。
そういう米国の戦争を浮き彫りにしている、とでも言いましょうか。

長いし、ずっと砂漠の戦闘場面を見るのは、少しキツかったです。
嫌いな映画ではありませんけど、
もう少し、なんとかならないかしらねぇ。


60点。シネマディクトの回数券で鑑賞。1000円。

日常の激怒。

P1000471.jpg 朝は動きがニブイ由紀夫。


今朝も遭遇した出来事ですが、
本当に「どうなってるんだ!」と思うのが、
車の運転マナー。

道を横切ろうとする歩行者がいたら、
止まってあげるのが筋ってものじゃない?
特にそれが、横断歩道だったら
確か「歩行者優先」のはず。
横断歩道で歩行者が待ってるのに、
車の運転手はほとんど無視。
全く途切れない車の波に、私は激怒するわけですね。

私が運転手の場合、よほどのことがない限り、止まります。

ところが、さらに酷いと思うのは、
私が止まっているのに、
対向車線の車が、一向に止まらないことです。
私が止まった意味がない!

どうですか、これ。
ニホンの皆様。

「武士道は首都高速ですか?」
「この国に明日は、あるのですか、パオパオパオパオ」

などという流行歌が、ワタシの頭の中で
ぐるぐる回る今日この頃です。


有名犬、由紀夫。

庭に立つ由紀夫 新緑の中、緑の衣装でコーディネートしてみた由紀夫。


昨日、犬のようちえんで声をかけられました。
ラブラドールを連れている男性に、

「由紀夫君ですよね?
 ブログを楽しく見ています」

とのこと。
ある日、ようちえんで、花柄のアロハシャツを来ているパグを見て、
由紀夫だと気づいたそうです。
でも、どうして私のブログを見てくれていたのかは、不明。
聞き逃しました~。
とはいえ、こんなブログを見てくれているとは、
とてもありがたいことでございます。

ところで、「犬のようちえん」にもブログがあり、
それをお昼休みに見るのが、私の楽しみなわけ。
とても可愛いチワワやダックスの子犬が、
楽しそうにじゃれ合っている写真が
これでもかこれでもか、というほど出てくるんですよ。

でも、由紀夫は滅多に出てきません。
子犬とじゃれ合うっていうような、
柄でも顔でもないですからね~、確かに。

で、ごくたま~に由紀夫が登場するのですが、
その時のコメントはいつも、こうです。

「ようちえんの大御所、由紀夫君。
ストーブの前から一歩も動こうとしません~」

・・・どうですか、これ。

それを読むと、私はまるで、
小学校の授業参観で、自分の息子が居眠りをしているのを見ている
母親のような気分になるのです。
もう、激怒です。

「何のために高い金払って、
ようちえんに通わせてやってると思ってるんじゃ!
 おりゃ~!」

こういう心境です。
トホホホ。



松子様の犬。

ヨークシャーテリア
これって、可愛いの?



松子様のヨークシャーテリアは、これ。
写メールが来ました。

う~ん。
まるでオヤジじゃない、この顔?
由紀夫もかなりの老け顔だけど、それ以上に老けてる気がする。
これじゃ、名前は

ジジ

でいいと思うのは、私だけでしょうか。

腰に巻いているのはオムツ。
トイレの躾が、まだ不安だからだそうです。
でも、松子様。
実は現在、兔も飼っていて
名前は「ピョンピョン」(現在10才位)。
そのピョンピョンにも以前、
オムツを付けて、居間で遊ばせていたんですよね。

う~ん。
このヨークシャーテリア、
ピョンピョンと一緒に、居間で飛び跳ねながら遊ぶのでしょうか。

見物だよね、それも・・・。

松子様、犬を飼う。

P1000469.jpg今晩も、ドンキベッド


ついに松子御姉様も、今日から犬を飼うことに。
以前からほしがっていたヨークシャーテリア(一才・雄)の里親を、
青森県動物愛護センターで募集していました。
それに応募したら、
なんと、競争率は1倍。
他の雑種(中型犬等)は随分と人気があり、
競争率も高かったらしいですが、
このヨークシャーテリアは、なぜか
松子様しか申し込んだ人が居なかったそう。
で、めでたくゲット。
松子様も今日から犬を飼うことになったわけです。

私に名前を考えて! とおっしゃるのですが、
難しい・・・。

「猛男(たけお)」
=益荒男(ますらお)の強調形「ますらたけお」から取ったのですが、

「短縮形が『たけ』になるとマズイ。
親戚に『たけ』がいるから」

とのこと。

う~ん。これからまた考えます。

激怒、再び。

P1000467.jpg なぜ座布団を二枚も敷いているのだ、由紀夫?


携帯に来るダイレクトメールって、一種の暴力だと思うのは私だけでしょうか。

今日、JALからダイレクトメールが来ました。

「携帯アドレスを登録されているJMB会員の方に、
ケータイメールニュースを配信することになりました。」

別に、ニュース配信なんか頼んでないんですよね。
飛行機の予約確認が欲しくて、アドレス登録はしましたけど。

しかも、携帯ダイレクトメールの配信停止って、本当に面倒!
配信停止の方法は、大概一番最後に出てきます。だから
延々と画面をスクロールしなくてはならない。
しかも、「配信停止」のアドレスにアクセスして、
スムーズに配信停止できたことが、ないわけ。

で、今日のJALのダイレクトメール。
案の定、最後の方に、

「配信をご希望されない場合は、お手数ですが5月20日までに
配信停止のお手続きをお願いします。」

とかかいているんだけど、
結局その手続きに、なんと40分くらいかかりました。

だって、「アドレス変更/配信停止」
のサイトにアクセスすると、「ログインしてください」と出る。
ログインのためには、IDやらパスワードやらを聞かるけど、
そんなの覚えていない。
すると、それをもう一度、問い合せる必要があるわけですね。

で、晴れてログインが出来た後も、
出てくる項目の、どれが「配信停止」なのか
さっぱり不明。
指示通り操作しているはずなのに、指定されている項目がない!

「あれ? 私のやり方、間違ってる?」

と思ってまた、元のダイレクトメールに戻ろうとすると、
折角ログインした今のページを閉じなくてはならない。
ああ面倒くさい! 
仕方なく元に戻っても、結局分からずじまいなわけ。

激高しながら、「問い合せ」の電話番号に電話すると、
今度は、延々と流れる録音テープ・・・。

「何とかの人は1、何とかの人は2・・・・・を押してください」

とか録音テープが言うけど、その項目が、6まであったりするんですよね、たまに。

今回は、2分くらいで、なんとか生身のオペレーターに繋がりましたが、
そのオペレーターの話が、また意味不明。
だって、こっちが分からないことを質問したら、

「ちょっとお待ち下さい」

と保留にされ、そのまま延々3分・・・。
で、三分後にようやく出てきて言うことは、

「ナントカカントカにログインして、
『なんとかかんとかサイバーフラッシュの停止』を押してください」

でも、「サイバーフラッシュ」って何?

そう質問したら、

「JAL広告携帯メールの名称です」

だって。
そんな名前、私は知らないのよ!
そもそも、そんなのどこに書いてるの~?

この40分って、時給にしてどれくらい?
その時給相当額を、JALが支払うべきじゃないでしょうか?

とにかく激怒です!
そして、私の携帯には、
結局「配信停止」方法がわからないので、
定期的に来る広告メールが一件あります。
ああ、これをナントカして止めたい!

マリブライトは、使える。

P1000465.jpg


庭の手入れが気になる季節になりました。
植物の手入れは勿論大切ですが、
夜も庭をおしゃれに見せる庭園灯も
あったらいいなぁと思いますよね。

私は、「マリブライト」という、
省エネタイプの電灯を使っています。
かなり明るいのに、消費電力が大変に少ないわけ。
私が使用しているマリブライトは合計六個くらいで、
日没後8時間、点灯しています。
でも電気料が、それ以前の額とほぼ変らないんです。
8時間点灯しているのに、です。
(点灯時間の設定は色々変更可能)
庭の雰囲気作りにはもってこいだし、防犯にも貢献します。
しかも、エコ。
でも、使っている人は少ないですよね。

一方、庭先にソーラー電池搭載の照明を取り付けている家を
よく見ます。
でも、その電灯の明るさは、まるで「人魂」ほどしかなく、
青白く不気味に光る程度で、大変に暗い。
新聞を近づけても、字が読めないくらい暗いわけですね。

あんな、無駄なライトを付けるよりは、
最初はちょっと高くても、
マリブライトにした方がいいんじゃないかと思うのは、
私だけでしょうか。

若い力。

車中
こう思慮深く見えて、食い物のことしか考えていない由紀夫。



グラフ青森に、二人ほど若者が入ったようです。
そのうち一人は、
このブログがきっかけで入社したK君。
私が以前、「新スタッフ募集中だって」
と書いたら、それに反応してくれたんでした。

とにかく編集をやってみたいという人なら、
どこかの出版社にまず入って経験してみないと
始まりませんからね。

縁というのは、不思議なものです。

どんどん、新しいことを試して欲しいですね。
そして、グラフ青森を踏み台にでも何でもして、
成長して欲しいなぁ。

本日の激怒。

P1000461.jpg よく見ると、エキゾチックな顔の由紀夫。


今日は、年に一度の検診の日。
青森市内の労働者が、検診センターに集まって、
健康診断を受けるわけですね。
私も、血圧・心電図・血液検査・胃カメラとか、
色々と受けたわけです。
そしたら、実に自分勝手な男に遭遇したんですよね。

検診って順番に受けるから、
待っている人が長椅子に座って、
順繰りと隣にズレていくというルールがあるじゃない。
一人終わったら、全員が一斉に椅子一つ
横にずれるわけ。
そうしないと、順番が乱れるし、
椅子に座れずに立って待つ人も出てくるわけです。

ところが、なかなか横にずれない男が一人。
血圧測定の時。
それが私の前の男だったのよ。
すると、私の次の女性が、

「ちゃんと席を移動してください。
ここには毎年来ていますが、そういう細かいルールがあるんです」

と男に注意。
男は、渋々、前に三つ空いていた席を移動しましたよ。

で、次の心電図。場所は変っても
また、同じメンバーで順番待ちしていたのですが、
また、あの男が動かないわけ。
すると、今度は看護士さんが、
「一つずつ、ずれて下さい」と、男に注意。
今日は、かなり混んでいましたからね。
するとその男。

「めんどくさいなぁ」
「何だか、バカにされているみたいで、嫌だな」

と、ノウノウとほざくじゃぁありませんか。
隣の私は、むかっ!ときたけど、声は穏やかに、
「べつに、バカにしているんじゃありませんよ」
と言ってやりましたが、
心の中では、
「だって、アンタ、バカじゃん」と思っていました。

あ~、やだやだ。




不発に終わった企画。

P1000463.jpg 近所の庭先に、まだ咲いていた桜。


先日の「サタデー夢ラジオ」で、ディレクターNさんが、
また突然、企画を言い出したんです。

「妹子にしかられたい」コーナー

ってヤツ。
誰でも、大野妹子にしかられたいと思う人は、
その内容を書いてくれ、
そんな貴方を妹子が叱ります、という企画ですね。
でも、来たメッセージは1件。
それも、

「最近、僕は二度できなくなりました。
こんな僕を叱ってください」

っていう内容のメールが、一件。

どうですか、これ。

確かその前も、
「妹子が、あなたの悩みを聞きます」
とか言う内容の企画を、突然言い出したことがあったような。
でも、メッセージは来なかったわけ、確か。

う~ん。
どうですか、これ。


P1000464.jpg 桜には目もくれない由紀夫。


『クローズゼロ』見ました。

P1000454.jpg 1㎏太っていた由紀夫。明日からダイエットだぁ!


三浦春馬が出るというので、一応見ました。
DVDで。
やはり、激怒映画でした。

だって、監督が三池崇史。
私がクエンティン・タランティーノの次に嫌いな監督なわけ。
『殺し屋1』は見なかったけど、すさまじいバイオレンスでしょ。
しかも吉川晃司主演『漂流街』という映画が、
開いた口が塞がらないほどつまらなかったので、
あまり見ないようにしていたのですが・・・。

この『クローズゼロ』。
若者に大人気だったし、「感動した」と
言っているのを随分聞きましたが、一体どこに?

ただの勝ち負けの話で、しかも何の勝ち負けかというと、
ケンカ。
そして、なぜ相手を負かさなくてはならないのかという
理由が全くない。

今の若者の、論理的思考能力は、かなり落ちてるよね。

脱力。

しかも、三浦春馬の出演時間って、
合計して5分くらいしかないのよ。
そういう意味でも、激怒映画だったわ~。

『矢島美容室』見ました。

P1000457.jpg  私の食事が終わる頃、ドンキベッドから出てきて、ジッと餌を待つ由紀夫。わかるんですね、私の食事が終わりそうだってこと・・・。


歌『ニホンノミカタ~ネバダから来ました』
が大好きで、カラオケでは必ず、
誰かに歌ってもらいます、自分が歌うのではなく。
なぜかというと、あの矢島美容室が歌って踊る映像が見たいので、
人に歌わせ、自分は見ることに集中するわけですね~。

ということで、映画も見てきました。

でも、一番面白かったのは、
やっぱり一番最後の、『ニホンノミカタ~ネバダから来ました』
を歌うシーンですね。後は別に・・・。

とにかくこの歌は、傑作です。
一番好きな歌詞は、

「ブシドウは首都高速ですか」
「歌舞伎座はカブキチョウにない」

何度聞いても笑えます。

映画に関する感想を言えば、驚きはオズマでしょうか。
どうしてあんなに女っぽいの?
でも、どうしてこんなに芝居が下手なの?
と、突っ込み所が色々。


50点。
青森コロナワールド 職場券1000円で。


明日のラジオは。

画像 006

明日のRABラジオには、
11:00過ぎ頃から13:00に出して頂くことに。
話題は、まず、三浦春馬の相手役ヒロイン募集の話です。
何でも明日、三浦春馬の事務所のアミューズや博報堂(だったと思うけど)
の方々が青森県内でキャンペーンをするらしく、
それに合わせた企画だとか。

もう一つの話題は、
スガシカオの新譜。
今日、きかせてもらったんだけど、
シカオ渾身の一枚って感じですね。
素晴らしい出来です。
ファンキーです!
ぶっ飛ばしてます!

ということで、ラジオ頑張ります~。

ラーメン優太


先日、旧岩木町(現在弘前市)のラーメン優太で食事を。
期待を裏切る美味さだったので、記録しておきます。

無性にチャーハンが食べたくなって、
いつもの、「いわき食堂」に問い合せたら、
チャーハンは、ない・・・。
で、すぐ近くの「ラーメン優太」に初めて入ってみたというわけです。

それが、本当に田舎のラーメン屋という感じで、
客の地元率が99%(1%は、私)。
皆、「農作業の途中です」という出で立ちで、
ほっかむりしたおばあちゃんや、作業服のおちいちゃんが殆どなんですよね。
しかも、そんな農作業途中の客で結構混んでるわけです。

焼きそばのモヤシはシャキシャキで、美味しかったし、

P1000458.jpg
 自家製餃子。


自家製餃子もニラが効いていて、なかなか。
何と言っても、手作りっぽい味が良かった~。


P1000456.jpg
 味噌チャーシュー 750円(確か)


ラーメンのたれは全て自家製だそう。
だから、「お好みに合わせます」の掲示がありました。
「手打ち麺」もあります。
また、「札幌ラーメン」と冠しているので、
基本的に太麺ですが、
頼めば細麺でも出してくれます。

肝心のチャーハンの写真を撮るのを忘れました。
こちらも、美味しかったです。
「いわき食堂」は有名だから、昼時は列ができていますが、
岩木山観光の昼食は、「ラーメン優太」でオーケーですね。


札幌ラーメン優太
0172-82-4730
営業時間 11:00~21:00

弘前城の桜。

P1000461.jpg

昨日、弘前城の夜桜を見ました。
去年も見たけど、
なんとまぁ、美しい! の一言でしたね。
ちょうど満開のタイミングだったと思います。

京都から毎年来ている方が、
「日本一の桜」と言っていましたから、
そうなのかもしれませんね。
私は「桜経験」に乏しいので、
コメントする資格はありませんが。

P1000462.jpg

お化け屋敷に入れなかったのは心残り。
でも、今のお化け屋敷は、怖くないらしいですよ。
私が子どもの頃は、「肝試し」でしたが、
昨夜聞いた呼び込みの口上では、
「最初から最後まで笑えるお化け」なのだとか。
今は、お化け屋敷まで、
お子様に優しい存在になったのかしらん?
「ゆとり教育」もここまで来たか!
と思ったのは私だけでしょうか。

一人サマータイム実施中。

P1000426.jpg 私が風呂に入ろうとすると、自分もご相伴に預かるべく、脱衣室に入ってくる由紀夫。駄目モト精神はあっぱれ。


一時間、早めに生活するリズムを、一週間くらい持続しています。
う~ん。すばらしい。
なんだか、一仕事を終えても、
「お、まだ午前中?」
っていう感覚がいいですね。
気持ちに余裕が。

そういえば、先日読んだ「仕事が速い人の仕事術」みたいな記事で、
早く仕事を終える秘訣は、
「余裕を持って時間を取る」
だと言っている人がいたっけ。

なんでも、車の走行でも、
急いでいるからって時速80キロ(?。数字は不確か)
で走るより、コンスタントに60キロで走るほうが、
目的地に早く着くというデータがあるとか。
確かに、追い越した車と、
信号で一緒になるってこと、よくあるよね。
納得。


でも、今は連休で、自分ひとりの都合で動けるから、
サマータイムができているのかも~。
本業の仕事が始まると難しいよね。


輝け!憲法第九条

P1000422.jpg
朝飯が終わり、「楽しみがひとつ減ったなぁ」と思っている由紀夫。


ゴールデンウィークで、「お休みですねぇ」
という一言で括られては困るのが、今日、憲法記念日。
なぜ休みなのか、全く気にしていない人も、
今日だけは思い出してほしいですね~。

「憲法記念日」

世界に類を見ない、戦争放棄を宣言している珍しい憲法が
制定された日です。
「九条の会」発起人の一人だった井上ひさし。
本当に惜しい人を亡くしたものでございます。

戦争放棄を明言した九条は、
前世紀、特に近隣アジア諸国に日本が行ってきた
さまざまな悪事に対する謝罪の意味があると思います。

梅子様は、独自に
「輝け! 憲法第九条」というステッカーを作り、
車に貼っているわけ。
私にも下さったので、家の窓に張りました。
(車のガラスは、暗くて目立たないので)

そして、今日もなぜか、三島由紀夫の勉強をする私・・・。
何度も言っていますが、
私は三島が好きなのではありません。念のため。

では、頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。