スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おくりびと』をDVDで。

CIMG2345.jpg
今日はドッグ・ダンス関連イベントで出張中の由紀夫。GWも連続出張だそう。
あ~、さっぱりする~。




ついに見ました、話題の映画。
映画館に行く予定だったけど、DVDを貸してくれた人が
いたので、つい、DVDで。

これも号泣だったわ~。
映画の教科書のようで、あまり文句の付け所がない感じ。
文句を付けるなら、最後まで出来すぎってとこかしらん?
ロケ地と建造物の美しさが印象的でした。
私達も強い意志を持って、
美しい町と自然を守る(創る)ことが必要ということですね。

最後の「石文の件」がまた、よく出来てます。
あの小さな石は、自分が父に送った石で、
石に託した当時の自分の気持を、
数十年後の自分が思い出すというお話になっている。
アンジェラ・アキの「15才のナントカ」という曲といい、
自分が自分に手紙を出すというのと同じ構図ですね。

そういえば、最近の所謂「ネットいじめ」なんかを連想します。
自分で書いたものは、即ち自分自身であるということでしょう。
最近はメールが大変手軽になり、
無責任に色々軽薄なことを書く人がいますが、
それも結局自分自身。
自分の文章には責任を持たないと・・・と痛感しました。

そして、女はやはり、ピンクのレース下着なのね!と再認識。
早速買いに行かねば!

95点。
友達から借りたDVDなので、0円で。

スポンサーサイト

イ・テゴンのファンミーティング

お願い
最近、痒み症状が改善し、このザビエルカラーを外している由紀夫。
この調子で、神様お願い!





お母様の一年越しの願いが叶いました。
4月12日の日曜日、ついに
あこがれの韓国俳優 イ・テゴンとの面会が実現します!

去年から、彼の主演ドラマ『冬鳥』『神様お願い』
を見て、夢中になっていたわけですね。
「決して美男子でないけど、あの団子っ鼻が最高なんだよ~」
と、手を胸の前で組んでましたから・・・。
そして、
「イ・テゴンさんに会いたい!
神様、お願い!」
と、毎晩仏壇を拝んでいたようです。
そしたら、なんとファンミーティング開催決定の朗報が!

そして、お母様の命令で、
ファンミーティングに申し込んではみたものの、
見事に落選。
ところが、落選者が多かったせいか
追加のファンミーティングの開催が決定し、
そちらに申し込んだら、昨日、めでたく当選の知らせが。

お母様は、なぜか予感がした様子で、
結果発表当日の朝、松子様から、

「お母様がなぜかウキウキしている。
そして、もうファンミーティングに着ていく洋服を買った模様」

というメールが来ていました。

う~ん。恐ろしい。
これが、83才の後期高齢者のすることなのか・・・。

「容疑者Xの献身」をDVDで。

CIMG2410.jpg
先月泊まった「丸の内ホテル」のロビーから。ここは、理想に近いホテルです。



アットいう間に、2時間。
最後まで飽きませんでした。

これ、実はテレビラマらしいけど、私は全くその件に関しては知らず、
映画のみの感想を書かせていただきます。

脚本が上手い。

とはいえ、「こんな男、いないだろう!」とか、
いや、それより、
「こんな女、いないだろう! 子どものこと考えたらねぇ」などと思い、
しかし、それは「ドラマ」ということで、
充分楽しめる作品だからOK。

堤真一、さすがです。
実はかっこいいのに、これだけしょぼくれることができるのは、さすが。
福山雅治、相変わらずの「カッコつけ役者」。
私は嫌いなので、念のため。ワンパターンだし。
(話し方はナメクジ風だし、顔は兔さんだし。)

CIMG2412.jpg
同じく、ロビーに飾られていたおひな様。



個人的に部屋のセットが興味深い。
湯川先生の研究室が、私の理想の部屋なので、
引き込まれました。
ドアを開けると下に降りる階段があって、
立体的な作りになっている雑然とした部屋。

ビートルズの初期の映画で、
四人が一緒に住んでいるロンドンのフラット
に端を発するのですが。
ジョンが床より下に一段下がったベッドに寝ていて、
それが妙に頭から離れず・・・。

そして何より、
「女は美貌が重要」
という真実を再認識させる映画でした。

納得。

美らボディのフェイシャル。

CIMG2401.jpg
Aさんから、「由紀夫に」と、豆腐ケーキを貰いました。
それを食べた由紀夫の喜びようと言ったら・・・! 目が飛び出そうでした。




今日は休みだったので、美容院、エステ、フィットネスクラブ、
家の掃除、そして由紀夫のシャンプーと、大忙しでした。
これって、休みでも黙っていられない私の性なのよね~。

エステは「美らボディ」のフェイシャルに行ったのですが、今日で2度目。
これがまた気持ちいい上に、安いんですよ~。

今までは、肩こり解消のためのボディマッサージしか受けたことはなかったのですが、
思い立ってフェイシャルコースも試してみたんですよ。
だって、60分で3500円は安いですよね。
それに、ここのAさんはマッサージが上手い!

顔とデコルテラインに、たっぷりの化粧品とマッサージ。
こんなに化粧品を使って3500円じゃ、
元が取れないんじゃないかと心配するほど使うんです。
安いから続けられそうですし・・・。

あまり他人には教えたくない、「美味しいエステ」
と言えるのではないでしょうか。
半年後、私は別人のように美しくなっているかもよ~。
ふふふふ。




「獨道中五十三驛」見ました。

CIMG2399.jpg
新橋演舞場 弥生花形歌舞伎
猿之助十八番の内
「獨道中五十三驛」(ひとりたびごじゅうさんつぎ)

出演:全て「市川」
右近・段治郎・笑也・笑三郎・春猿・弘太郎・寿猿・猿弥・門之助


見ました。松子様と二人で。

「市川右近が十五役を早変わり!
宙づり!
本水!」

というのが、売りのようです。

実際、右近の早変わりは凄かった!
一体、裏に身代わりは何人いるんだ? と思いましたねぇ。

でも、総合的にはちょっと期待はずれ。
宙づりは一度だけだし、
海中の生物を描く小道具・大道具は子供だましだし・・・。
笑三郎と春猿の、おやえ・おきちの客席サービスも中途半端。
サービスするなら、ジャニーズ事務所のように、
徹底的にサービスして欲しいと思うわ~。

ということで、楽しめたけど改良の余地あり。
「中途半端」と思わせるようじゃ、
プロとしてまだだと思うんですけど。
だって、一万四千円ですからねぇ。
客は元を取ったという気分にはなれませんから。

3月20日夜の部鑑賞。60点。
新橋演舞場 当日券一万四千円。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。