スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味不明。

画像 001


ipad が欲しくて、在庫があるかどうか、
ソフトバンクの支店に電話したんだけど、
お姉ちゃんの話が、意味不明。

「今ございますのが、ワイファイスリージーモデルとワイファイなんたらかんたらで」

「スリージー限定ですとワイファイなんたら、そうでないものですとワイファイかんたら」

「本体価格一括払いと分割払いが選べまして、どこでも使えるなんたら限定ですと、
毎月四千ナンたら円で、そうでないと回線価格がナンタラカンタラ、アブラカダブラ・・・」


お前は、何語を話してるんじゃぁ!!


何度か説明してもらったけど、

「やっぱり、全くわからないわ」

と言って、電話を切りました。


先日、ある会合で知合った元銀行マンが話してました。
日本の電話会社も大手電力会社と同じ構図をしていて、
結局、高い電話料金を、我々は払わされている。
外国の携帯料金体系はもっと単純で安い。
日本の電話会社は、
政治ともマスコミとも繋がりが強いから、誰も文句を言わない。
やりたい放題だ、と。

グラフ青森連載を辞めたのも、この話が原因だったわけ。
世の中、お金だからね、結局。

スポンサーサイト

津軽弁でもてなし?

CIMG2073.jpg
今日は梅子様からチョコレートと柿の種を頂いた由紀夫。だから、来客があると大騒ぎする男です。



最近、新幹線も青森まで開通して、
「津軽弁で旅行者をもてなそう!」とか言われてるよね。

ばっかじゃないの。
そんなの当たり前なのよッ!
私は、以前から、マスコミ人にも言っていたわけ。

「地元のテレビ局なら、方言が標準語だと思って放送して欲しい。
ニュースだって津軽弁でいいんですッ!」

ご存知の通り、私は世界中、どこに行っても津軽弁。
それで通じなかったことは一度もないわけ。

私はラジオでも津軽弁。
口癖は 「んだ~」 。

先日、全国版のテレビ番組でも「注目される方言」という特集が。
その中で、津軽弁の誤認例が出てきました。以下がそれ。

ある西津軽郡の病院で、実際あった話。

 医師 「他に痛い所はありますか?」
 老爺 「ボノゴガラヘナガイデ」
 医師 「ほほ~。お盆の頃から、背中が痛い・・・と(カルテにメモ)」

幸い、津軽出身の看護師が
「先生、『首の後ろから背中にかけて痛い』と言っています」
と修正したそう。

また、これも実際の話。
 
 医師 「では、今日は眼底写真、目の写真を撮りましょう」
 老爺 (うなづいて、上の服を脱ぎ始める)
 医師 「?」

この時、テレビでは、「患者は‘目’を‘胸’と聞き違えた」と
コメントしていましたが、これは間違い。
患者は、‘目(メ)’を‘メ(前)’だと思ったんですね。
津軽弁では、「前」=「メ」と言い、「お前」=「オメ」ですから。

この話を今日、知人Aさんにしたら、
彼女は、お母さんに、
「マッサージしてあげるけど、どこが痛い?」
と聞くと、

「くぴたやめで!」

つまり、

「首が痛くてかなわない」

という意味ですけど、まるで、
「(マッサージは)やめてくれ」
と言っているようですよね~。

奥が深い、津軽弁・・・。
 

人生満足度。

つん
毎日が能天気な由紀夫。



今年の初め、あるセミナーに参加したとき、
「人生満足度グラフ」って物を書かされたわけ。

縦軸が満足度で、目盛りが、確か下から、
 マイナス100% → 0 →プラス100
もちろん、横軸は時間で、一番左から
 0才 → 現在

つまり、その時の自分の人生満足度を線で繋いだ線グラフなんです。
満足度が高いほど、上半分のプラス部分の面積が広くなるのは、
お分かりいただけますでしょうか。

そのセミナーでは、二人が組になります。
そして各自書いたグラフをお互いに見せ合い、
相手に自分の人生を説明するんだけど、
これで、ある傾向が鮮明に分かってきました。
それは、

「男の人生満足度は、総じて高い」

ということです。
しかも、それが、個人的家庭環境に左右されることが少なく、
仕事環境に左右される傾向が強いのです。

実際、このセミナーに出ている人は、
安定した職業人が殆ど。
だから、満足度は高いのかもしれませんが、
女は家庭環境にかなり左右され、
悩み苦しんでいるのに、
男はそんなこと、あまり考えていないらしいんですよ!

実際私のグループは男三人、女三人。
男二人は妻子持ちで、一人は三十代独身。
そして彼ら三人とも、人生満足度は安定して高い。
女三人のうち、二人は私含めて離婚暦アリ、一人はずっと独身。
離婚暦アリの女二人の人生満足度は、上下のブレが激しく、
疾風怒濤の跡を示すグラフでした。

どーですか、これ。
男の鈍感力と能天気ぶりが明らかになった
あるセミナーの出来事でした。




通じない電話。

二階から
パネルヒーターの前、ムートンの上でぬくぬくする由紀夫。グータラです。



今日、また激怒することが。

デルタ航空のマイレージ窓口に電話しても、繋がらないのよ~。
電話の応対は、もちろん録音。延々録音。
で、延々と録音メッセージを聞き、
何度目かでやっと希望の番号を押して、
ようやく生身のオペレーターと話せるかと思っても、

「ただいま電話が大変込み合っております。
しばらくたってからおかけ直しください。
・・・ツー、ツー、ツー」

・・・・・
パソコンのHPにアクセスしても、
意味不明のメッセージが出る。

「PINを入力してください」

でも、まだPINを設定しても居ないのに。
今日はじめてHPにアクセスして、
会員番号はわかってるのに、
どうしていきなり、PINまで要求されるのでしょうか。

で、PINを設定しなおす(新しいPINにかえる)ことで、
ようやく次のページに進んだと思ったら、今度は、

「マイレージの会員番号が無効です」

今さっき、会員番号を入れることで、
PINの設定しなおしに成功したのに、
これってどういうこと~?


それもこれも、ノースウェスト航空がデルタに吸収され、
その結果、生じたドタバタなんですよ。
ノースウエスト時代は、すんなり行っていたんですけど・・・。
トホホホホ。

明日また、電話をかけてみるしかないよね。
あ~、気が遠くなる~。

携帯料金との戦い。

雪夫7
吹雪の日は、三枚重ねで散歩する由紀夫。


最近挑戦しているのが、携帯電話料金の徹底節約。

今まで何気なくiモードとか、
自分のブログとかを見ていましたが、やめました。
もちろん、無駄な映像の送受信も。
メールの送受信はなるべくPCからにしています。

そして何より気を配っているのが通話料。

面倒くさいので携帯電話からかけることが多かった電話を
極力、家の電話からかけることに。
また、外出先で電話連絡が必要なときは、
極力公衆電話からかける!
だから、10円玉をいつもストックすることにしました。

ちなみに最近、
「お金がないから専門学校にも進学できない。就職にする。」
という人の話をよく聞きますが、
彼らもことごとく携帯電話を持っている。
しかも家族のほとんどが持っているわけですよ。
その使用料金を貯金したら、どのくらいになるのかしらねぇ。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。