スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計は安物。

P1000740.jpg
上目遣いが得意な由紀夫。



光物は大好きで、先日もグラフ青森に1.7カラットの指輪
の話を書いたけど、時計は安物なわけ。

「安物」って言うのも語弊がありますけど、
今私が愛用している時計は、0円。
二年前、帯広のフリマで、タダでもらった男物。
これまたシンプルで、なんということはない時計なんだけど、
飽きないのよね~。

以前の私は、お父様の血を引き継いで、
大の時計好きだったわけ。
高い時計をお父様からもらったり奪ったり、
自分でもこだわったりして
結構いろいろ持っていました。

最後に、憧れだったロレックスのアンティークを
買ったんだけど、これで懲りたわ。
だって、ロレックスって修理もオーバーホールも高い!
しかも、ロレックスっていう会社が高飛車。
「これこれでないと修理しない」
とかいう条件が厳しくて、
「客は私のほうなんですけど?」
「おたく、何様?」
と、何回か激怒しそうになりました。

ま、高い物は持ち主を選ぶってことかもね。

そのロレックスは、新婚旅行にロンドンの「そごう」で買ったもの。
離婚してからは、昔のものをいろいろ処分したんだけど、
そのロレックスも捨てました。
ああ。さっぱり。

スポンサーサイト

ダイヤ一個三千円。

画像 006


金・プラチナが値上がりしていますね。
だから、青森市にあるブランド品とジュエリーの
リサイクルショップで、
手持ちのネックレスを査定してもらったわけ。
いくらで買ってくれるかなぁと思って。

さすがに、金地金だけのチェーンは高くて、4万円台でした。
ところが、綺麗なダイヤモンドのプラチナネックレスは 19000円。 
プラチナだし、結構綺麗なダイヤで、
0.513カラット 
カラー H
クラリティー I1
なんですよ。
しかも、プラチナチェーンだし。

査定内容を聞いたら、
地金相場で計算したプラチナ代金に、ダイヤモンドの3000円を
足して、19000円なんだって。

そういえば、前も大粒のダイヤピアスを査定してもらったとき、
二軒のお店で
「このダイヤは一個3000円」
って、言われて仰天したのを思い出しました。

そうでした。
ダイヤはよっぽど高品質でないと、買取り価格はこの程度だったんだわ。
たとえ大粒で、数十万円出して買ったとしても…。
ダイヤって買うときは高いけど、
売るときはタダの石ころだということを、
その時実感したんだったわ~。
貴金属って、本当に自己満足ですね。
トホホホ。

「金・プラチナお売り下さい」

アロハ
サンデーで五百円だった、アロハシャツ姿の由紀夫。



最近、「金・プラチナお売り下さい」の看板と広告がやたら増えた
と思っていたら、
見積り受付のブースが、あちこちに出来ましたね。
近所のスーパー・ユニバースにも出来たし、
中三デパートの脇にあった、カードキャッシングコーナーも
それに変わっていましたわ。
この商売、よほど儲かるんですね。

それもそのはず。

私が見積もって貰った指輪の引き取り値段の幅が、
店によって随分違いました。
その指輪はカルティエの18金ホワイトゴールド。
確かに小傷はありますが、上品で洗練されたデザインです。


中古ブランド品ショップ(ギャラリー妙心) 10100円
貴金属店(パドゥ)              9300円
ユニバース内ブース(ゴールドハンター)  8500円位
中三脇のブース(カルチャージュエリー)  6500円位


妙心は、即店内で再販できるため、
ブランド品としての下取り価格なのではないかと想像されます。
パドゥも店内で再販していますね。
その他はブランド品としてでなく、
「ただの金地金としての引き取り価格だ」と
見積もった店員が言っていました。
とはいえ、ゴールドハンターとカルチャージュエリーでは
随分と見積価格に差が・・・。
もし、売りたい貴金属があるなら、
数軒の店で見積もって貰うべきでしょうね。

私は、金地金であれば、このような下取りには出さず、
自分で注文リフォームする指輪やペンダントの材料にします。
だって、その方がお得ですから。
リフォームには、ごく僅かな金も無駄にせずに使えるんですよ~。
例えば、18Kピアスのキャッチ一個とか、
切れてしまった鎖とか、長すぎる鎖の一部を切って使うとか。
勿論、もう使わない指輪なんかも、壊して使っています。
ピアスのキャッチなんか、半端だったら捨てたりしていませんか?
もし捨てる気なら、私に下さい! よろしく~。

ちなみに、前述のカルティエの指輪は、
去年の北海道旅行で遭遇したフリマで購入したもの。
なんと、たった「千円」でした。
別れた彼氏からの贈物だったのでは? と
勝手に想像しています。








全てが面倒くさい日々。

CIMG2052.jpg
ピアスが似合いそうな由紀夫。



一昨日、お気に入りの「きくや宝飾」で、
真珠のピアスを作ってもらうことに。

実は先月、ネットで淡水真珠の首飾りを買いました。
12?の大粒なんだけど、なんと 6000円!!
ネットオークションって凄いわ~。

あこや真珠だと、当然、ウン十万の世界で、
しかも、12?なんて滅多にないでしょう?
多分、私は見たことないですわ。

でも、淡水真珠ならあるんですよね。
しかも、あこや真珠ほどは高くない。
とはいえ、12?だと、さすがになかなかないわけ。
先日、オークションで発見したので、喜々として購入。
しかも6000円です!
その首飾りから二玉を取って、お揃いのピアス
にしたわけです。

デザインは、当然、フック(耳穴に引っかけるだけ)タイプ。

もう、最近の私は、フックタイプのピアスしか付けません!
だって、面倒なんですよ。
朝、ピアスをゆっくり付ける時間さえない。

ピアスのキャッチを取り、針部分を耳穴に通し、
さらに後ろからキャッチをはめる・・・、
っていう時間が、毎朝、絶対に無いんですよ!
しかも、耳は二つもあるじゃない。
だから、キャッチ式ピアスは、最近全く出番無し。

加えて、首飾りも面倒くさいですよね。
あの、両手を首の後ろに回して、輪っかをはめる
っていうのが、本当に面倒!
しかも最近は五十肩で、腕が自由に回らないわけですよ。
それに老眼で目も悪くなるでしょ?

総入れ歯や、総カツラ(?)みたいに、
一発で装着できる首飾りはないの?

この高齢化社会に、高齢者に優しい装身具を
もっと真面目に開発して欲しいわ。





指輪、完成。

アカシア2
コラーゲン効果が著しく、美肌になりつつある由紀夫。


注文中だった、ルベライト(ピンクトルマリン)の指輪が完成しました。
ふっふっふ。

依頼先は、きくや宝飾。
ここは、普通に宝飾類を販売していますが、
注文で貴金属を手作りしてくれる店でもあるんですよね~。
そして、加工料が安いと思います。
今回はプラチナの指輪でしたが、
加工料+石止め料(これは外注)が、合計約七万円。
これに地金代と石代が追加されますけど、
通常、多分もっとしますよね。
首都圏の店だと、うん十万かもしれません。

私は、使わなくなった貴金属を
材料として使って貰うので、地金代は不要。
石も手持ちの物を使うとか、ネットで安く購入などすれば、
断然安く済みます。
しかも、オーダーメード。

光り物好きにはたまりませんわ。

そういえば、koroさんもここで指輪をオーダーメードしてました。
かなり価値あるお店です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。